新・きいのバレエとゴハン帳

理想的なグラン・パ・ド・シャを求めて

遅くなりましたが・・・ってもう2月なんですが・・・
あけましておめでとうございますo(´▽`*)

今年もバレエ三昧の生活を送りたいと思います。
よろしくお願いします!!!


さて、今年一発目の話題。

みなさんにとって「好きなパは何ですか?」

私はいくつかありますが、
そのひとつが、グラン・パ・ド・シャです。

レッスン後の自主練で何度も何度も改良を加え、
いろいろな先生にもご指摘をいただき、
センターの最後にグラン・パ・ド・シャがないと
かなり寂しく感じるくらい、大好きになりました。


以前、どこかのスタジオで先生に言われたことがあります。

「きいさんは体が柔らかくて前後左右スプリッツも開くのだから、
原理的には、180度びしっと開いてグラン・パ・ド・シャができるはずだよ」

聞いたとき「いやいや無理だから(゚ー゚;」と思ったのですが、
それでも、この言葉にはかなり勇気づけられました。
ちゃんと引き上げて、宙に浮いた頂点で、きっちり脚を開けば
「一の字」に近いくらいグラン・パ・ド・シャができるかもしれない、って。
これがとてもいいキッカケでした。


そこからは、試行錯誤でした。
というか、今でも試行錯誤です。

でもこれまでの試行錯誤の日々のなかで、
自分で気付いたこと&先生にご指摘いただいたことのなかから
わかりやすくて役に立ったものをご紹介してみます。

==================

1)パートナーに支えられて宙に浮く感触をつかむ

女性の先生だったのですが、グラン・パ・ド・シャに踏み出した瞬間に
うしろから腰を支えてくださって、頂点に上がったところで
一瞬、ふわっと腰を高く持ち上げてくださった方がいました。
(代講の先生だったけど、あれは良い先生だったなあ)

そのとき、浮かび上がった頂点で、もうひとつ上へ引き上げる感覚
というのを肌で実感できた気がします。
すごく感覚的なんですが・・・それまで私が思っていた「ここが頂点」という場所より
もうすこし上の位置に、グラン・パ・ド・シャの頂点がありました。

そして、そこに至るまでは、本当に一瞬、間があるのです。
実際は0.001秒なんでしょうが、ふわりと自分を持ち上げる瞬間があり
その時間が「見えた!」とき、その時間を使って脚をぐっと広げると、
それまでよりもグラン・パ・ド・シャの開脚が広がったように思います。

かなり感覚的なのですが、お友達同士でもよいので
お互いにサポートしあってみると分かりやすいかもしれません。

高く持ち上げる必要はないです。
踏み出して飛びあがり、それが落ちていくちょっと前、
一瞬、相手を宙で止めてあげてみることで、
タイミングがつかみやすいように思います。

==================

2)脚を持ち上げるのではなく、甲を押し出しながら飛ぶ

これも以前、先生から言われたことです。

グラン・パ・ド・シャは、どうしても「開脚をちゃんとせねば」と思うあまり
脚の付け根を開こう、開こうとしがちです。
私もずーっとそうやっていました。

でもその感覚でやってると、どうも
「開ききる前に落ちちゃうなあ」と思っていました。
なんか時間的に余裕がないんですよね。
浮かび上がって、付け根を開こうとすると、まどろっこしくて
開ききる前に下降してしまう・・・ってこれも感覚的ですみません。

そのとき、とある先生(この方もたまに習う先生だったけど、いい先生でした)から

「脚を持ち上げて跳ぶんじゃなくて、
足の甲を持ち上げる感覚で跳びあがってみたら?」

と言っていただきました。
その感覚で跳んでみたら・・・
うん! 頂点でちゃんと脚を開けた感覚がありました!

なんでかなと分析してみたら、甲から脚を押し出すと
前後に開いた脚を、つま先のもっともっと先へ伸ばすことができるのです。

付け根だけを使って開こうとすると、そこだけに力が入るから
つま先への意識は薄れ、縮こまった状態で跳びあがることになります。
そうすると、のびやかさがないから、ぜんぜん余裕を持って跳べない。

2本の脚の股だけに力が入ってしまうと、体全体に重さが出てしまうから、
そもそも高く跳ぶことができない。
さらに意識が行きとどかずに、つま先は落ちるし、ヒザも曲がる。

イメージするとわかりやすいかも。

前デヴェロッペした段階から、2本の足の甲には先へ延びる糸がついていて
それを遠くから引っ張られるから、脚は自然と開脚する。
頂点に達したとき、引っ張ってくれてる人がそれまでより強い力で
ぐんと引っ張るから、一瞬、開ききった状態で止まって見える
(これが1番で書いた、頂点での一瞬の間です)。

足の甲を使うだけで、すごく跳びやすくなったし、
頂点で脚をぐんと開きやすくなったのは事実です。

==================

3)浮かび上がるときと落ちるときの手を大切に

これは自分でいろいろ試していて思ったことなのですが、
グラン・パ・ド・シャに浮かび上がるときの手(ポール・ド・ブラ)は
よく「ちゃんとアン・ナヴァンを通過して丁寧に!」って言われますよね。

それはもちろんその通りで、きちんと通過しないと
ゆったりとした大きな動きに見えないのですごく大事。

でも、もうひとつ大事なのは、ではアン・オーなり3番なりに手を開いたあと。

これをぐちゃぐちゃっと曖昧にしてしまうと
どんなにキレイに跳んでも、せかせかした動きに見えてしまう気がします。

腕をがちっと固めたまま落ちるのもダメ、
かといって、ばたっと腕を下ろすのもダメ。
頂点で決めた腕は、床に落ちながらゆっくり丁寧に戻すこと。
(頂点がアン・オーなら2番に開く、3番ならアン・ナヴァンに戻す)

焦ってしまうとこれがおろそかになりがちなので、
いつも「丁寧に、丁寧に」と言い聞かせるようにしてます。

==================

4)踏みきりの脚のターンアウト

これはもう必須事項ですが、
踏み切る脚はちゃんとターンアウト(アン・ドゥオール)しておくこと。

理にかなっているなぁと思うのですが、
踏み切りの足がターンインしていると、あんまり高さが出ないし、跳びにくい。
きちんと内もも使って開いて跳ぶと、圧倒的に跳びやすいです。

しかも、ここでターンアウトしていないと、
跳びあがった頂点で、どれだけ脚を大きく開けても、
ヒザが落ちてしまうので、キレイじゃないんですよね・・・(゚ー゚;

跳びあがったときに、まっすぐ一文字に見えるには、
ヒザが真正面を向いている必要があります。
ここでヒザが下を向いていたら、どんな脚の持ち主でも
「脚が曲がってるなあ」と見えてしまう。

だから、美しいグラン・パ・ド・シャには、踏み切るときのターンアウトが大事。
それを言い聞かせながら、がんばっています。

==================

久しぶりなので長文ブログにしてみましたが
今年は、ちょこまかともうすこしブログアップできればと思います。

それにしても・・・
いつか「いちばん好きなパはピルエットです」って
胸を張って言ってみたいなあーーーーーー(;゚ー゚)

では改めて、今年も皆様のところに
すてきなバレエの神様が舞い降りる1年となりますように。
よろしくお願いいたします。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2012-02-03 14:43 | バレエレッスン

動画を眺めて、発表会構想

またまたお久しぶりです。きいでございます。


最近、仕事が忙しくなるとぱったりとレッスンに行けなくなり
心の余裕がなくなってブログも書けなくなる・・・という
悪循環を繰り返しておりましたが。

ようやく年末のお仕事ピークも目途がたち、
週3~4回レッスンというのが復活できつつあります。


不思議なもので、レッスン1週間くらいお休みしたあとのほうが
全体的に体も軽いし、よく踊れるんですよね(;゚ー゚)
お休みしたあとって、弱まる部分がいつも同じで(私の場合は、右の足首と腹筋)
自分の悪いところに気付きやすいという利点もあります。

とはいえ、来年からはレッスンお休みせずに、
ちゃんと昔のように「最低でも、火曜と金曜と土曜はレッスン行く!」
って決めて、お休みなくおけいこ通いたいです。


さて、お休みしている間に私のスタジオでは、
発表会のお知らせが貼り出されておりました(*^-゜)v

そして私ついに……
10数年ぶりに発表会デビューすることにしました☆

もともと発表会に出たい欲が薄くて
バレエ再開したときも「発表会がないスタジオを探したい」とさえ
思っていたものですが、人って変わるものですねえ(笑)


私の通っているスタジオは発表会で
・特定の先生のもとで数人で踊るアンサンブル
・自分の踊りたいVa.の希望を出して踊るバリエーション
を選ぶことができます。

前から習っている大御所先生が今回アンサンブル作品を出されるので、
今回ぜひそれに出たかったんですが、
仕事柄どうしても
「毎週同じ曜日・同じ時間にレッスンに行く」ことが確約できず(゜-Å)

発表会とはいえ、1週抜けただけでもみなさんに迷惑がかかるので
今回はアンサンブルは断念しました。


というわけで、消去法的にバリエーションを選択v(゚ー゚)v

ついに本日、申込書を提出してきたところです!!!!!

いきなり超リアルな感覚が襲ってきました!!!!(笑)


右のポワントの調子がいまいちなのでサイズ含めて調整しないといけないし、
クラシックチュチュ着ても大丈夫なように体重落とさないといけないし、
筋肉不足だと感じる部分(内転筋、腹筋、背筋)は鍛えないといけないし、
テクニック的に苦手なところは恐怖心ふくめて克服しないといけないし、
これからは忙しくても週に2~3回は踊るようにしなきゃいけないし……

って挙げていたらキリがないくらい、課題がたくさん(-_-;

でもせっかくだから頑張ります☆☆☆


さて、問題は「なんのバリエーションを踊るか」ですね。

最終的には先生と一緒に決めるし、
同じようにVa.を踊る人たちとかぶらないように調整も必要ですが、
これまで定期的にバリエーションクラスを受けたり、
ブログやtwitterでいろんな動画を探してきたりした結果、
このあたりで希望を出そうかなと思っています。


◆ドン・キホーテ ドルシネア姫Va.



好きなパが詰まったバリエーション。
大好きなアチチュードとアラベスクのキープがふんだんで、
最後にはマネージュもあるので、これが第一候補です。
ただし、ほかのバリエーションほど、曲に思い入れがなくて…
(曲としては、森の女王のほうが好きです)

※動画はディアナ・ヴィシニョーワ


◆眠れる森の美女 オーロラのローズVa.




こちらも好きなパが盛りだくさんのバリエーション。
途中、苦手なピルエットの連続があるので
あえて挑戦して克服したい、という想いもあり。
でも誰かとかぶりそうーと思ってます。

※動画は吉田都さん


◆白鳥の湖 オデット姫Va.



長年教えていただいている先生からオススメされたのがこれ。
私もこれは好きで、振りをほぼ完全に覚えているのが強み。
とくに最初のグラン・スゴンドは大好きです。
白鳥は「型」の美しさが大切なので、一瞬も気を抜けないけれど
これやったら背筋すっごい鍛えられそうだな―(笑)

※動画はウリヤーナ・ロパートキナ様


◆ラ・バヤデール ガムザッティVa.



一回も踊ったことのないバリエーションですが
見ていてすがすがしい踊りで、曲も振りも大好きです。
これを踊れたら、すごく達成感があるだろうなあと思います。

※動画はマリアネラ・ヌニェス(1分20秒あたり~)


◆ドン・キホーテ キトリVa.



1幕のこのバリエーションは踊ったことがないのですが
ガムザッティ同様、観ていてすがすがしくて大好きです。
背中をそらせたグラン・ジュテも美しいし、適度にキープもあるし、
最後の回転連続も1回転ずつなら楽しそう
(ただし前に下ろすピルエットなので美しく踊るには難易度高いんですが…)

※動画はニーナ・アナニアシヴィリ


◆パキータのVa.



これは曲が大好きなバリエーションです。
振りとしては細かいものが多いので、
跳ぶパとキープが好きな身としてはあまり優先順位高くないのですが
とにかく曲が好き! あとパキータは衣装も好きですー。

※動画はオーレリ・デュポン


こうやって「どれにしよかなー」と考えているのが
いちばん楽しい時間なんですよねー。

どの踊りを踊るかは年明けに決めることになりそうですが、
それまでゆっくり候補を探そうと思います☆

今回、スタジオで発表会参加者も多そうで
よくお話しする方々も出るということなので、
みんなで励まし合いながら頑張れそうですごく楽しみです!


またtwitterでも随時ご報告(というか悩み相談というかボヤキというか…(゚ー゚;)
していきますし、こちらでも報告しますー。




☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2011-12-18 01:33 | バレエレッスン

バレエで膝を痛めた理由とレッスンに行くペース

おはようございます☆

いつも土曜は昼に2クラス受けているのですが
最近仕事のストレスで気分的にバタバタしていて
見事に寝坊してしまいました…。

1クラスだけ受けますが時間があるので、ちょっと更新。

長くなりそうなので、今度あらためて更新しますが
先日、ヒザを壊しかけました。
急に右脚が骨の内側からねじれているような激しい痛みで、
カイロの先生のところに駆けつけて、診ていただきました。

詳細は改めますが、
端的にいうと、ターンアウト不足で足首から膝にかけて
ねじって外側に回旋していたみたいです。
それを続けることで、脚そのものが微妙に曲がるほど
無理やりヒザを使って、強く回していたようで(汗)

私はよく右脚にトラブルが多い(足首痛めたり、肉離れしたり)ので
そもそも右脚のアン・ディオールが浅いのですが、
それでもこれまで特に膝が痛いことはなかったので
そもそもなんでなんだろう?と考えてみると……

たぶん一番の原因は「急激なレッスン量の低下」な気がします(~_~;)

通常、土曜の2クラス+平日3クラスアベレージで
定期的に通っているのですが、
仕事の都合で、いきなりそれが週1回くらいに激減することがあります。

前からよくあることだったのですが、
よく考えると、毎回そうして激減して、仕事が落ち着いて
「やった! 復活☆」と思って、焦ってレッスン量を急に元に戻すたびに
なんらかのトラブルを抱えていた気がします。

それは単純に、筋力の低下。

日々のレッスンで鍛えた筋肉が、レッスンの低下によって落ち、
筋肉量を復活させないうちに前と同じペース、
下手したら、うれしすぎて前より多いレッスン量で踊ってしまうので、
毎回、どこかしら痛めてしまってるのかもしれません。

今回の場合は、内ももからヒザにかけての筋力が低下し、
かなり無理をしてヒザを使ってターンアウトした結果、
いつもはあまり使わないヒザ部分の筋肉が痛みだした…
ということではないかと思います。

内ももは普段から、気をつけてストレッチはしていますが
座り仕事が多いし、かなり疲れもたまっていたので
かなり筋力が落ちていたのかもしれません。

あとは、カイロの先生があちこちさわってくださったときは、
前ももにある主働筋がものすごく張っていると言っていらして、
落ちた筋肉をフォローするために、別の部分が頑張っていたようです。
それにより、レッスン中も肝心のところが鍛えられず、
結果的にヒザを酷使してしまったのかも…。


バレエダンサーの方でも、バレエを引退したあとに
急にレッスンをやめてしまうと、体を壊してしまうと以前聞いたことがあります。

先日、SHOKOさんが出産後の復帰公演を延期されたとき
こんなふうに書いてありました。


「焦りが、良くない結果を招きました。
最初は脚の付け根に違和感があるな……くらいだったのが、
徐々に痛みが強くなり、最終的には階段を昇るのも難しい状態に。

(中略)故障の原因は、どうやら骨の周りの小さな筋肉を
充分に鍛えきれていなかったことのようです。

(中略)(ダンサーは骨の)周りにあるたくさんの微細な筋肉が、
長い時間をかけて発達し、みんなで骨を支え合っているそうです。
ところが、それらの筋肉は日常生活ではあまり使われないので、
妊娠・出産で休むうちに衰えていた。そのため、脚の骨にダイレクトに
衝撃を与えてしまった」

※「クロワゼ」2011年秋号より抜粋(新書館)

プロダンサーであるSHOKOさんとはもちろん比べものにもなりませんが
この感覚は、今回すごくよく分かるなぁと思いました。

いつもレッスン量が減ってしまうと、すごく焦ってしまって
復帰してすぐに週5日ペースでレッスン!とか張り切っていましたが、
まずは筋肉量をすこしでも復活させるように
少しずつ、筋トレも改めて頑張って、レッスン量を増やすのはそこから…
というように、じわじわ頑張りたいと思っています。

感覚では、1日おきにレッスンくらいがちょうどいいので、
乱れ切った生活のリズムを立て直すためにも(笑)
無理せず、レッスン量を少しずつ増やしていきたいです。

ということで、今日は1クラスになってしまいましたが、
焦らず、じっくりレッスンしてまいります☆

ヒザの故障による弊害と治療については、また改めて。
みなさま、どうぞよい週末をお過ごしください!!


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2011-10-29 13:27 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧