新・きいのバレエとゴハン帳

ルティレでのバランスキープのコツ(呼吸と引き上げ、軸足)

2ヵ月弱のお休み期間から再開して、1週間。

7日間のうち、6日レッスン(ほとんどポワント付)で
ようやく元の状態に近づいてきました。

土、日、月、水、木、金、土と一周したところで、
バーからセンターまで通してポワント履き続けてレッスンしても
足が落ちないくらいまでは、なんとか筋力が復活したみたいです。

脚がガクガクブルブルしたり、ポワントが落ちて不安定だったりも
もうしないので大丈夫。よかった……(;д;)


復帰初日には「こんなにポワントで立てなくなってどうしよう」と
かなり焦ったものですが、コツコツ頑張れば1週間で
ここまで元に戻るんだなーと感無量。

もちろん、まだ弱まってる部分は多いです。
とくに軸の位置が不安定だったり、腹筋が弱くなってるせいか
上げた脚をキープしにくいことが多くて、しょんぼりですが、
これもまた丁寧にレッスンを積み重ねて、取り戻していこうと思います!


さて、途中でお休みをしたことで、いいことがありました。
それは「呼吸」です(ノ´▽`)ノ

私はルティレやアラベスク、アチチュードなどを
ルルヴェもしくはポワントで立ったままキープするのが大好きで、
わりと得意なほうだと思うのですが、復帰以降、これに少し変化がありました。


これまで、いけないいけないっと思っていても
つい呼吸を止めて「ふむっ!」と頑張って立ってることがあったのです。
とくに、ルティレはやや前傾になり、腹筋を頑張るので
余計に息を止めてしまいがちでした。

これでも立てるし止まれるんですが、
とくにセンターでのアンシェヌマンやバリエーションを踊るとき、
息が詰まってしまう=のびやかさに欠けし、
アームスに頼りすぎるときもあるので、ちょっとなあと思ってたのです。


それが、復帰してすぐのレッスンのとき。

5番ルルヴェから、片足をパッセして、ルティレに。
両手をアン・ナヴァンにして、キープ…………と、この瞬間。


脇を立て、腹筋を使って、体は上へ上へと引き上げ続けますが、
形が決まった瞬間、ふーーーっと息を抜いてみたのです。

そうしたら(ものすごく感覚的で恐縮なのですが)
息を抜いたら体が落ちちゃう!のではなくて、その反対に、
体がもっともっと、上へと引き上がる感覚がありました。

というか、息を抜いたら落ちちゃうから余計に、
上へ引き上げようとする意識が高まるのかもしれない(-"-)


そして、息を抜いて体がもっと上へ引き上がるのと同時に、
軸足が地面に向かって、突き刺す感覚が強まりました。

それは、このままいったら、上へ引き上がりすぎて浮いちゃうから
軸足が私をつなぎとめようと、地面に強く刺さる、みたいな感覚でした。


重複ですが、まとめてみますと☆

両手をバーから離してアン・ナヴァンにした瞬間、
ふーーーーっと息を抜く。
ここで「息が抜けて体が落ちちゃうよ」と思うので、
そうならないように、腹筋背筋を使って体を上へ引き上げる。
でも、床から浮いてしまわないように(浮かないけどw)
軸足は内もも張って、強く地面を刺して、自分をつなぎとめる。


バーのときもセンターのときも、
バランスキープのとき、毎回これをやるようにしたら、
前よりもキープがしやすくなったのはもちろん、
鏡でチェックしたときに、なんだか形がキレイに見えたのでした。

たぶん、かなり引き上がってるから、安定しやすいのだと思います。
これはアラベスクやアチチュードのキープのときも同じでした。


これはポワントのときも同様、
いやむしろ、ポワントのときのほうが感覚つかみやすいかも。
呼吸と引き上げ、軸足を刺すことの3つを意識するだけで、
ポワントでもかなり立ちやすくなると思います。

もちろん、アン・オーでも同じですが、最初は
アン・ナヴァンのほうが脇をしっかり立てられるので、いいかもしれません。


お休みからの復帰に四苦八苦しましたが(今もしていますが(;゚ー゚))
呼吸がすーっと楽になったのは、うれしい利点でした!

また発見があったら、書いていきます~。

きいでした('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)


<おまけ>
青い空、広い海。
いまの仕事の山場が終わり、発表会も終わったら、
秋にはハワイに旅行に行く予定です!
(またハワイのバレエスタジオも行かなくちゃ☆)

d0192952_1842463.jpg



☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2012-06-11 18:06 | バレエレッスン

発表会に向けて…人生初!エステサロン体験

こんばんはv(゚ー゚)v

レッスンを再開し、発表会にも出ることを決め、
もう覚悟して、本腰入れてがんばろうと思ったので……

手始めに、ずーっとやってみたかったことを試してみました。
それは、エステサロンでの施術です(゚ー゚;


これまでも、マッサージサロンやリフレクソロジーには
疲れが溜まったときに通ってきたし、
カイロプラクティックは定期的に隔週スパンで通ってるし、
本当にケガしたときは鍼治療にも通ってきました。

でも「エステサロン」に行くのは、人生初!


エステサロンの定義はよく分からないのですが、
わたしの印象では「痩せたいときに行くところ」でした。
よくチラシで「○○kg痩せました!」というキャッチコピーとともに
BEFORE/AFTERの写真が載ってる……というイメージです。

ちょっと気恥ずかしさがあったし、値段も高そうだなと思って、
実際に足を運ぶことはないまま、これまで過ごしてきました。


でも今回、勇気を振り絞って(笑)足を運んだのには理由があります。

先日、すごく疲れているときに、ふらっと入った足裏リフレサロンで、
頼んだコースが「足裏だけでなく、ヒザの上までのマッサージ」という内容でした。
これまで、足裏中心のメニューしかお願いしたことがなかったので、
めずらしいなーと思いながら、揉んでいただいたのですが、
施術が終わったとき、担当してくれたお姉さんが一言。

「脚すごく、むくんでますね。ヒザの上に水分が溜まってるみたい。
もしかして、座り仕事ですか? ヒザからもものあたりが冷たいですよ」


これまで私は「脚がむくむ」という感覚が、あまりわからなくて、
みんなが「夕方だから、むくんでる」と言う横で、私はむくみにくいんだろうな
と思いこんできました。だから、この発言にはビックリ!

実際、施術をしてもらったあと、脚を見てみたら
いつもより、ずーっとほっそり、スッキリしていたのでした。

「こんなにバレエを頑張ってるし、体重も人並だと思うんだけど、
私はどうして脚が太いのかしら」といつも悩んでいた私には、
「むくみが原因」とは、かなり目からウロコの発見でした(気付くの遅いんですが…)


それ以来、夜はテレビを観ながら、自分で脚マッサージをするようになり、
「たしかに脚が冷たいし、水分が多そうだな」と実感するようになりました。


どんなに筋肉がついても、いつもプニプニしていた私の脚。
もしかして、これって、むくんでいるだけ?
むくみが取れたら、もっと脚がほっそりするんじゃないかしら?

ついでに、どんなに頑張っても落ちない二の腕もすごく冷たいから、
これも、むくみが関係してるんじゃないかしら?


そう考えたときに、頭に浮かんだのがエステサロンでした。

自力でマッサージするのも大事なんですが、
たぶん、エステサロンというところには、脚に溜まった余分な水分を
しっかり揉みだしてくれる、すごい機械があるに違いない!
きっと原因を見極めてくれるんじゃないかー(-_-;

というわけで、通いやすそうなところで、かつ評判がよいサロンを
調べまくって(世の中にこんなにエステサロンがあるとは……)
ついに行ってまいりました!


結果から言うと、すごく良い体験でした♪

担当者さんは「この体重で、この脚ってことは……流れが悪いですね」と断言。
(けっこうキッパリ言われるのです…(笑))

実際に脚をさわりながら、おすすめしてくれたコースを体験。
ここで、いわゆる「ザ・エステサロン」という感じの
ものすごい機械を目にすることができましたo(´▽`*)


その機械で、わたしがむくんでいる箇所(ももの前後、お尻、二の腕)を
触ると、なにかこう皮膚の下にある脂肪(?)がつままれるように感じて
くすぐったいような、痛いような、不思議な感覚になるのです。
同じ強さで、おなかや背中をさわっても、特に痛くないのに!

それで施術をしてもらったあと、触ってみたら、
肌の凹凸が気になってたところ(いわゆるセルライト)が前よりツルリとしてて。

いきなりそんな実感があるものだと思わなかったので、
ちょっとビックリしてしまいました【゚ロ゚】!!

プロの手を借りる、ってスゴイことなんですね~~~。
そっか、こういう痩せ方もあるんだ、というのは大きな発見でした。


お値段は張ってしまうので、コース内容は相談しながら変えますが、
まずは手軽なところから定期的に通って、
自分じゃどうにもならなかった箇所を、徹底的にやっつけたいと思います。

これでずっと貯めていた貯金がすりへってしまう(;д;)けど、
何年も気になってきた悩みが少しは解消するかと思うと、
ほしいもの我慢してでも頑張ります!と決意。


それにしても、最近の食生活改善と、相変わらずの激務により、
体重がピーク時より3kgも減っていたのは、うれしいことでした。

これで週5回のレッスン&週1~2回のエステサロンとくれば、
多少、人前に出ても大丈夫なカラダにはなれるかなぁと期待してます。
たくましいオーロラ姫、じゃ困っちゃうものね。


もちろん、エステ頼りじゃなくて、お稽古も引き続き頑張ります(ノ´▽`)ノ
またレポートできればと思います。

きいでしたv(゚ー゚)v


↓ お友達に誘われたゴハン屋さんでいただいたサラダ。
  半熟ゆで卵と、ごまドレッシングの葉っぱが、シンプルで美味しかったー。

d0192952_1434964.jpg



☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2012-06-09 01:45 | バレエレッスン

オーロラのローズVa.練習に役立つレッスンDVD

お休み明けから、1日休んだだけで、あとは毎日レッスンしてますー。

土曜、日曜、月曜、火曜はお休みで、水曜、木曜と連日がんばってます。
おかげで、筋力が落ちて、ほぼ立つのも困難になっていたポワントが、
日に日に回復してきました♪


ア・テールからポワントアップするのが怖くなってしまってましたが、
今日のレッスンでは、エシャッペもルティレパッセも、
まあ、前よりはぎこちない点がありますが、怖くなかった。だいじょうぶ。

ポワントアップしながらのバロネやアラベスクも、
強い左脚が軸であれば問題なかったので、すこしホッとしました。
ただ、いつも足首の弱さが気になる右脚軸は、グラついたのでドゥミで。


はー(゚ー゚; 焦りますねー。

ケガを乗り越えたダンサーは多いものですが、
彼・彼女らは、どれほどの努力を積み重ねて元の体を取り戻したのだろうと、
何度も考えてしまいます。


私なんて、2ヵ月弱休んだだけで、このありさま。
プロとして働いているダンサーは、何百倍もの焦りとプレッシャーを抱えながら、
気の遠くなるような鍛錬の積み重ねをしてきたのだろうな、と……。

つい弱音を吐きたくなりますが、そんなこと言ってる場合じゃないなーと
ただの素人趣味バレエの私ですが、思います。


さて、なんでこんなに、がむしゃらに体力筋力を取り戻そうとしてるかというと。

ブログではまだご報告していなかったのですが、
夏の発表会で、オーロラのローズVa.(眠れる森の美女1幕)を踊ることになりました☆

ピケアラベスク、アチチュード、ピケターンがすごく好きなので、
それがたっぷり入っているバリエーションでうれしいです!


とはいえ、振りは適宜変えて、簡単にしていますけどねー。
最後のマネージュも、ピケターンで斜めに進むだけにしてますし、
途中のピルエットは、当然ですがシングルで!(笑)

ただ、あんまりチャレンジがないのみ寂しいので、
できるようであれば、途中ダブル入れることを練習してみようと思います。


……って、今はそんな余裕発言できないくらい、体力筋力不足なので!
まずはコツコツ、できるだけ日を開けずにレッスンしなきゃ。


さて、オーロラのVa.をレッスンするにあたり、
先生とのリハ以外で、上のように動画やDVDを観たりして
いろいろと研究しています。

でも、なかでもいちばん参考になったのがこれ!

◆マラーホフのプレミアム・レッスン3「眠れる森の美女」

マラーホフのプレミアム・レッスン3「眠れる森の美女」 [DVD]

新書館

スコア:




ローズのバリエーション以外には、幻影のグラン・パ・ド・ドゥ(2幕)、
3幕のオーロラと王子のグラン、オーロラのVa.の4本が収録されています。

これをはじめて観たとき、「うわー、参考になる!」と
思ったのはもちろんですが、それ以上に
「このDVD、おもしろい!!」というのが感想でした。

少し前ですが、観た直後にあまりに興奮して、
ツイート連投した記録があるので、そちらをどうぞ。

========================

2012年02月22日(水)
相変わらず新書館のDVDだけ再生されなくなったので、仕方なくPCで観てる。
マラーホフ様による、プレミアムレッスンシリーズの眠り。
オーロラのローズVa.を指導中。振りを分解し、ひとつずつ丁寧に指導。
アームスの意味、目線まで。カメラ目線でこちらにも語りかけてくれます\(//∇//)\
posted at 23:35:29

うわ、このDVDすごいな。ていうか、マラーホフがすごい。
わかりやすいし、的確だし、なによりご本人の見本が美しい。
だれより美しいオーロラに見える。これはお買い得だし、ためになるわー。
シリーズ買い揃えたいくらい、気に入りました。
これで学んだことを金曜リハで試すのが、すごい楽しみ!
posted at 23:51:01

2012年02月23日(木)
マラーホフ、サポートの指示がすっごい的確。もちろんマリアンもよいダンサーだけど、
マラ様がサポートしてみせると、ヤナの体の伸びがぜんぜん違う。
演技指導も、すこしコミカルさも交えつつ、わかりやすい解釈。
久しぶりに観た、こんな興奮するDVD(゚д゚lll)
posted at 00:13:05

毎度マラーホフの私服にはビックリするけど、
いま観てるDVDの特典インタビューで着てるカットソーは、過去最強かもしれない。
posted at 00:57:37

マラーホフのプレミアム・レッスン「眠れる森の美女」DVD鑑賞終了。
優れた指導者でもあるのは有名だし、ポリーナ相手に指導してる映像も観てるけど、
今回の内容は期待以上にすばらしかった。
レッスンDVD観てブラボーって言いたくなるなんて。これしばらく毎日見ちゃうと思います。
posted at 01:19:18

2012年04月02日(月)
マラーホフさん、ありがとう。あなたの解説を聞いていると、
めげそうになってたオーロラのバリエーションがすごく踊りたくなってきた。
なんて楽しいバリエーションなんだろうって、あらためて思うくらい。
マラーホフはスゴイなぁ♪( ´▽`)
posted at 23:31:33

========================

DVDを見ている最中から、とにかく楽しくて楽しくて、興奮させられて、
思わずたくさんツイートした記録でした。


上にもありますが、このDVDはただのレッスン教本じゃないのです。
マラーホフが思う「眠れる森の美女って、踊ってるとここが楽しいとこだよね♪」
という感想が、レッスンを通して、たっぷりと伝わってくる「作品」なのです。

だから、これを観ていると、自分が踊らないVa.やPDDまで
「これも踊ってみたいなー」と思えてしまうほど。
眠れる森の美女って、こんなにおもしろい作品なんだ!って思える一本。


ユーモアたっぷりに指導するマラーホフの豊富なボキャブラリー、
それに対する、マリアン・ヴァルターとヤナ・サレンコ夫妻が笑いをかみ殺す様子含め、
踊らない人も楽しめる内容です。

あと、特筆すべきは、マラーホフの巧みなサポート。
マリアンを注意するとき、彼がヤナを支えて見本を見せてるんですが、
マラーホフが支えると、ヤナの体がぐーっと伸びて、美しく見える。

それから、マラーホフ自身が、オーロラの見本を見せてくれますが
これまた上品で美しいし、ラブリーです。

こんなに楽しいレッスンDVD、観たことない!!!!!


もう何度も観てますが、ぜんぜん飽きません。
これを頼りに、オーロラのレッスンを引き続き、がんばります~。


きいでした(*^ー^)ノ


<おまけ>
可憐なオーロラを踊りこなすべく、オーロラをイメージしたワンピースを
先日、2枚も買ってしまいました(笑) どうでしょう?

d0192952_2230227.jpg


d0192952_22302151.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2012-06-07 22:37 | バレエDVD

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧