新・きいのバレエとゴハン帳

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




クリスマスのお菓子

メリークリスマス!

ひとあし早く、クリスマスのお祝いが続いてます。
みんなでチキンを食べたり、ケーキを食べたり、
お菓子のプレゼントをいただいたり・・・。

d0192952_621889.jpg


お知り合いにいただいたクッキー。
のほほんとした、雪だるまの表情がたまらず、
食べられそうもありません。


d0192952_632615.jpg


クリスマスケーキは毎年注文している
「アレグレス広尾」のケーキ。

ホワイトチョコのムースでできていて
なかにはイチゴムースとカスタードがたっぷり。

昨日は自宅で、バレエ「ピーターラビットと仲間たち」を
観ながらケーキをいただきました。
もこもこのネズミやオオカミを観てると
あたたかい気分になってきます。

ピーターラビットと仲間たち [DVD]

クリエイティヴ・コア



今日はクリスマスイブ。

けっこう仕事が満載ですが
バレエにも行ってから、楽しく過ごしたいなと思います。

みなさまも、よいクリスマスをお過ごしください☆


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-24 06:08 | ゴハン

【バリエーションレッスン】ドンキ3幕/キトリのVa.で「呼吸」を学ぶ

今日も週1回のお楽しみ、
バリエーションクラスを受けてきました。

開講したばかりのクラスとあって
生徒さんの人数も少なめで、
みっちり教えていただけるので
すっかりお気に入りのクラスです。

今日のレッスンは、
ドンキの3幕でキトリが踊るバリエーション。

動画はABTのパロマ・ヘレーラです。
明るくて、上品なキトリ!




今回のレッスンでは振り付けはもちろん簡易版。
なので、バレエシューズで慣らしたあとに、
ポワントでも踊ってみました。

今回学んだのは
「止める部分と、抜く部分の強弱」をつけるということ。

このバリエーションは、
メリハリをつけて踊らないと、
なんとなくダラダラ見えてしまう。

力を入れて止める部分と
ふっと力を抜く部分とを、
ちゃんと分けて踊る必要があるのだと覚えました。

たとえば最初の部分で、
ピケ・アラベスクはピタリと止めたあとは、
ふっと力を抜いて、柔らかくシャッセからグラン・パ・ド・シャ。

スゴンドに上げた脚は一瞬止めてから、
力を抜いて、ふわっと丁寧に下ろす。
パッセの形に持っていったあとも、
一瞬止めたら、ふっと力を抜いて丁寧に5番に。

エシャッペの連続では、
切れ味鋭く脚を2番に開いてポワントに乗ったら、
ふっと力を抜いてから5番に戻す。

…という感じで、
止める=じっくりタメるところと、
抜く=ふっと力を抜いてから戻すところとを
意識して踊ると、踊りにゆとりが見えてきました。


もちろん、力を抜く=引き上げる力を抜く、
というのではなくて、
先生が言っていたのは「呼吸」のことだと思います。

止める部分は、息を吸いながら、
抜く部分は、息を吐きながら…
という呼吸への意識が、すごく大事です。

前回のオーロラのVa.のときもそうでしたが、
バリエーションレッスンは、音楽をしっかり聞いて踊れるので
いつもより音楽を意識しやすくて、
そのせいか「呼吸」に意識が向きやすい。
(長いのでゼイゼイ言わないように…と
気にしてるからかもしれませんが…^-^;)

前に別の先生が
「観ているとき、なぜか息が詰まるなあ、と思う踊りがある。
それは踊り手が、呼吸をちゃんとできていないから」
とお話されていたことがあったのを思い出しました。

踊りのなかに「吸ってるとき」「吐いてるとき」が
ちゃんと溶け込んでいると、
すごく優雅に見えて、たっぷりと大きな踊りに見える。

いつもより優雅に見えるかも☆

そのことを実感した
有意義なバリエーションレッスンでした。
これまで、つい呼吸を忘れてしまうこともあったので…反省!

今年はこのクラスは最後ですが、
また来年も、せっせと通っていきますー。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-21 23:25 | バレエレッスン

ぽっかり空いた平日の昼間に・・・

このところ、順調にバレエのお稽古には行けてるものの、
仕事のことでは、悩みっぱなし。
夜もなかなか寝付けず、明け方にウトウト・・・という感じで
珍しく、ふかーく悩みにハマってしまったみたいです。


今日、たまたまぽっかりと昼間に予定が空いて、
ひと駅ぶん、考え事しながら歩いてたときに見つけた
かわいらしいお店でランチを食べました。

d0192952_0293932.jpg



かわいい、かわいい!

これ、スープなんですよ。
すりおろしたジンジャーのスープで、
ふわーっとした泡が上にのってて、
気分まで、とろとろになりました。


メインはこちらのガレット↓

d0192952_0311224.jpg



ハム、チーズ、卵をのせた、そば粉のガレットで、
ミニトマトやオリーブなどの野菜&香味野菜がたっぷり。


天気もよくて、あたたかい窓際で、2時間くらい過ごしました。
仕事のことは忘れて、ぼーんやりと。


何ごとも、シンプルに考えればいいのに、
いちいち複雑に考えるから、ややこしくなってしまう。
それはたぶん、衝突が怖くて、それから逃げてるから。

でも、いずれにせよ、もう衝突は避けられないなら、
どんなに逃げても、もはや意味はない。

それならば、とにかく、自分が幸せになる道をまずは考えよう。
それを、なんとか叶えるという強い意志を持てばいい。


偶然にも、ぽっかり空いた天気のよい平日の昼間に
そんなふうにシンプルな気分になりました。


偶然に感謝。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-21 00:44 | ゴハン

【バリエーションレッスン】オーロラ姫に挑戦しました

仕事がひと抜けしたので、
昨日はかなり久しぶりに、
バリエーションレッスンへ行ってきました☆

大人になってからは発表会経験のない私にとって、
ひとつの振りを踊りこむ、というのは目標でもあります。
だからバリエーションのレッスンは大好き。

通っているスタジオに
期間限定でバリエーションのクラスが出来たので、
いそいそと出かけてまいりました。


そこで、ちょっとビックリな発見が。


私が好きなバリエーションは
オディールとかキトリとかメドゥーラとかエスメラルダとか、
どっちかというと「強い女」っぽい踊りばかり。
個人的に「いつかバリエーションを人前で踊るとしたら
ぜったいこっち方面だろうな」と思ってました。


でも、張り切ってレッスンに行ったら、
たまたま今回踊る演目は「オーロラ姫」・・・・・・。

コジョカル姫が踊る、こちらのバリエーションです↓




まさか姫系のバリエーションが来るとは予想外で、
「ローズの踊りですよ」と言われた瞬間に
「やられた~」とさえ思ってました。
オーロラは観るのは好きだけど、自分で踊るもんじゃない、
と思っていたからです。


当然、いっぱいいっぱいで踊っていたのですが、
踊り終わったときに、周囲から驚きの掛け声が・・・。

「すごい姫っぽい!オーロラ、お似合い!」

いやいやそんなお世辞いいんですよ、
と思っていましたが、先生と生徒さんから
「ちょっとした腕の付け方とか、歩き方とか、目線とか、
姫っぽい感じが出てる」と言っていただき・・・
すごく褒めていただいたのに、かなり衝撃を受けました。


もちろん、雰囲気だけってことなんですけど(テクニックではない)、
今まで、バレエの姫が合うなんて考えたことなかったので、
ビックリしつつも、十分に嬉しかったです。


振りもすこし簡単にアレンジくださっていて、
今日はバレエシューズだったのですが
次の機会には絶対ポワントで踊りたい!
細かいパも多いので、ポワントのほうが
より細やかに「姫らしく」「若々しく」踊れる気がします。
(うまくいけば、ですよ)

回転とピケアラベスク&アチチュードが多い踊りは
私としては好みなので、
そういう意味でも、大満足でした♪


「いつかバリエーションを踊るときは、強い役柄を踊る」
と、ずっと思ってきましたが、これをキッカケに
「せっかく人前でバリエーションを踊るのだから、姫系を踊ろう」
と思うようになる…かもしれません。
何にせよ、視野が広がったのはうれしいです。


ちなみに…
帰りにバレエショップに立ち寄りまして、
人生初「淡~いピンクの可憐なレオタード」を購入してみました。

自分の見た目がハッキリした顔というのもあるのですが、
バレエのレオタードは完全に「シンプルかっこいい系」ばかり。
もともと、黒が好きというのもあるのですが、
黒のホルターネックレオタードが、
型としては一番自分に合うなぁと思ってきました。

なので、大冒険です。
調子乗りすぎですね、お恥ずかしい・・・。
でも、たまには姫気分で、レッスンしてみようと思います(^-^;)


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-15 02:56 | バレエレッスン

花のアクセサリーをきっかけに

久しぶりにアクセサリーを買いました。

ご夫婦が手作りしている、フランスのアクセサリー屋さん
「Les Nereides(レ・ネレイド)」は大好きなブランドです。

でも、よく考えてみたら、
ここでアクセサリーを買うのも久しぶりだし、
アクセサリー自体を買うのも久しぶり。
そもそも最近、アクセサリーをほとんど身につけてなかった・・・
と、ハッと気がつきました。

春に独立してから、そういえば
どんどんアクセサリーに、おろそかになってた。

私はすごく分かりやすくて、
忙しくなって余裕がなくなると、
まず香水をつけなくなり、ネイルをしなくなり、
アクセサリーをしなくなってしまいます。
(メイクはしっかり派ですが・・・)

でも、それにも気がつかないほど、
春以降、私はホントに余裕なかったんだなと
あらためて思いました。

バレエのお稽古とデートに行くだけで
休日はいっぱいいっぱいになってた。

素敵なアクセサリーを買ったら、
きれいな色のネイルを塗りたくなるし、
いい香りの香水がつけたくなる。

このお花のイヤリング(ピアスの穴もふさがってしまった・・・)と
ブレスレットをきっかけにして、
ちょっとずつ、元通りの生活に立て直したいなと
心から思う師走でした。

d0192952_23423338.jpg


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-09 23:44 | その他

ポワント選びに明け暮れる日々

年明けから、ポワント選びで迷走してきました(T-T)

以前は、ブロックのセレナーデを履いて
快適に踊ってはいたのですが…

だんだん、自分の足の形(人差し指が長いギリシャ型・甲高め)
からすると、ボックスが幅広すぎて
ポワントのエッジ部分の汚れが親指に寄りすぎだなぁ
というのが気になってしまい
「もっと足にフィットするポワント」を求めて
あれこれチャレンジする日々が続いていました。

その結果、こんなポワント履歴に…。

===========

◆チャコット「コード アロンジェ」
ポワントの乗り具合はやや前のめりになるものの、
型自体はいい感じにフィットしました。

しかし、かなり柔らかいポワントなので
なじむうちに、どんどん縦寸が長すぎる(要は、ゆるい)と感じ始め、
ワンサイズ下を試着したら、今度はキツすぎ。

結果「私の足のサイズにピッタリ合う縦寸が存在しない」
ということに気づき、泣く泣く断念。

===========

◆ブロック「バランス ヨーロピアン」
「コード アロンジェ」に似た乗り具合で
快適ではあったものの、こちらは縦寸が短すぎ。

先端にクッションが入っているので、
それを取ってみたものの、やはりキツく感じてしまいました。

今後はワンサイズ上を試着したのですが
それはゆるすぎて…
これまた「私の足のサイズにピッタリ合う縦寸が存在しない」
ということに気づき、泣く泣く断念。

===========

◆グリシコ「2007」
甲を抑えるくらいヴァンプが長く、ワイズも狭く、
縦寸もサイズ5でピッタリ。
またプラットフォームも小さめなので、
グリシコは自分の足の型には、よく合いました。

ただ、とても残念なことに、
左足の小指付け根だけが、ぽこっと出がち(内反小指)で
そこだけがどうしても、当たって痛い!
(右足はぜんぜん痛くないのに…)

トウパッドを工夫して、
なじむうちに軽減はされましたが、
けっこう固いポワントなので「なじむまでが至難の業」で、
あとヒト押し!と感じていました。

===========

◆グリシコ「ミラクル」
「2007」よりは柔らかめで、型は「2007」とほぼ一緒。
これなら、すぐに足になじむはず!という願いを込めて
購入してみたものの…

やっぱり左足の内反小指が痛すぎる(涙)
どんなにボックスをもんでも、
「小指の付け根にぶつかる感じ」は軽減されませんでした。

先生に相談したら
「惜しい!すごく惜しいけど、それは合わないということよ」
と冷静なアドバイスもいただいて、今回も泣く泣く断念。

===========

◆ブロック「シュープリマ」(その1)
初心に戻って、ブロックで探してみることにしました。

理想は「プラットフォームが丸くて小さめ、
ボックスの幅は狭いもので、
でも小指に当たらないようにヴァンプは長すぎないもの」
というものでした。

それでフィッターさんが持ってきてくれたのが
「シュープリマ」!

いろいろ履いてみて、23ハーフのD幅を購入したところ
ポワントにも乗りやすいし、小指の付け根も痛くない☆

しかし…思わぬ落とし穴が。
自覚はなかったのですが、フィッティングしたときに
足がむくんでいない状態だったということに気付きました。

どうしても縦寸が短すぎて
長い人差し指(とくに左足)に、ポワントが当たってしまい、
レッスンの最中は涙目状態に…。

===========

◆ブロック「シュープリマ」(その2)
先生にも相談したら
「左ばかり痛いのであれば、左右で足のサイズが違うのかも。
私も同じ悩みを持ってるんですが、サイズ違いで2足用意しておいて、
その日のコンディションによって左右サイズ違いを履いたり、
大きめのほうを履いたりしてみるといいかもしれないですね」
というコメントをいただきました。

こうなったらもう、背に腹は代えられない!
同じポワントでサイズを変えてフィッティング。

同じ幅のままだと、ワイズがゆるく感じたので、
ハーフサイズ上げて、幅を落として、
24サイズのC幅を購入。

これがついに、当たりのようです(^-^)/

カバンが重くなるのはしんどいのですが
これからは「23ハーフのD幅」と「24のC幅」を持ち歩いて
レッスン時のコンディションに合わせて、履いていこうと思います。

===========

この間、おかげでレオタードやパンツなどの
バレエウェアは全然購入していません。

子どものころ、ポワントで踊るのは大好きで
足に当たって痛いなんて思ったこともなくて
(踊りすぎてマメが出来てたことはありましたが…)
こんなふうに壁にぶち当たったのは初めてでした。

高いお買いものなので、痛くても粘ってみたりしたのですが
私は週にポワントレッスンをかなり頻繁に受けていて、
なかにはバーからポワントを履くクラスもあります。

痛いとぜんぜん楽しくない!と思ってしまうので、
ほかの買い物は控えてでも、ポワントにはお金をかけようと
決意しての旅路でした。
(しかし、懐は痛すぎです…)

ちなみにダメだったポワントたちは、その後はシャンクを外して、
お家レッスン用に使っています。
シャンク半分外してポワント対応できるようにしたり、
ぜんぶ外してドゥミだけのレッスンに使用したり。


長い長い旅路でしたが…
しばらくはこれで落ち着くといいなと願っています。


最近はバタバタと働いていて、レッスン頻度が落ちてましたが
今週はまたレッスン頻度を上げられるといいなと思っています☆

みなさまも年末年始、
よいレッスンの日々を過ごされますように。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2010-12-06 02:59 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧