新・きいのバレエとゴハン帳

【まとめmemo】凹んだ状態から立ち直るプロセス

大変ご無沙汰しております。

もっぱらtwitterメインで続けてきましたが、
自分で記憶しておきたいこと(バレエ以外のことが多くなるかも)を
まとめ記事的に残すために、ブログ更新していこうかなと思います。

改めて、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

============

さて今回は、先日ちょっと凹んだときのツイートを
ツイった順にまとめていきます。


きいきい @serenade_ballet · 7月20日
録画したサッカーを観ていて、あらためて勝負事というのは、ほんの少しでも気がゆるみ「もうダメかも」「やっぱ負けるんだ」「もう諦めよう」ってなった途端、ゆるゆるに崩れて負ける。ちょっとね、凹んでいたのですが、前向きなファイティング・スピリットは失ってはいけないわー、と実感。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
もちろん、自省する心は大切だし、謙虚な心を失っちゃいけない。でもそれはたぶん、勝負事の最中ではなく、終わってからでいいのかも。敗因はなんだったのかを考え、分析するだけで終わらず、次につなげていこうとする果敢な努力。当たり前だけど、仮に負けても粘り強さをキープするには、それが大事。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
落ち込んだときは、しっかり凹む。でも凹んでることに浸りすぎず、どうしたら這い上がれるかを考える。だいたい凹みきったら、あとは上がればいいだけ。這い上がる方法を見つけたら、もう凹んでることは忘れちゃって、上がってくことだけ考える。そして、勝利のイメージを持ち続けること。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
勝ちパターンをつかむまで、成功体験を積むことは大事なんだけど、それだと成功体験の数に左右されてしまう。だから、あくまで「成功できるイメージ」を大事に守りつづけること。今までいろんな人の話聞いてきたけど、人は諦めずに強く強く望んでいたものであれば、かなりの確率で手にできる気がする。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
だから私、凹むのはいいけど「どうせ私は運がない」とか「きっとツキに見放されたんだ」とか、そういう運任せみたいな凹み方は、自分に禁じますww どうせ凹むなら、未来につながる凹みに。そして「なんだかわかんないけど、絶対近日中にうまくいく気がする」みたいな楽観さを、大切に守っていこう。

--------------

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
早起きしたら、1日が長い。振付を仕上げ、バリエーションの予習をし、溜まってた海外ドラマを観て、サッカーも2試合観て、ゆっくり考え事をした。朝昼晩ときちんと食べ、洗濯をし、昼寝もして、湯船に浸かって、筋トレとマッサージもした。でもまだ0時前、今から英語の勉強タイム。なんという充実!

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
最近こんなふうに、大事に時間を使えてなかったんだなと、気がついた。私自身に対して、どこか雑になってた気がする。優先順位を間違えていたというか、大切なものを見失いかけていたというか。もったいないことをしてたけど、気づけてよかった。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
最近モヤモヤしていたのだ。自分らしくないというか、丁寧さが欠けて、全体的に雑になってて。そのせいで勘が外れて、うまくいかなかったり。この雑さはたぶん、自分を大切にできてなかった証。危ないところだった。先週たくさん素敵なお友達に会ったおかげで、この違和感に気づけたんだと思う。感謝。

きいきい @serenade_ballet · 7月20日
1日ずどーんと凹むだけ凹みきって、あとは這い上がろう!って前向きになると、今まで見えていたのに気づけなかったことが、嘘みたいにクリアーに見えてくる。よかった、今日1日を大切に過ごしたおかげで、これからの歩み方が見えた。誠実に、嘘をつかないで、ほしいものを見つめて、生きてく。

============

このところ「なんだかわからないけど、日々を雑に過ごしている」
という感覚がうっすらあって、でも言語化できずにおりました。

偶然、ひとつひとつの物事を大事に過ごした日曜日があって、
それがきっかけで、凹むに至った「雑さ」について想いを馳せることで
結果的に、前向きさを取り戻したわけですが、
その一連の流れが見えるツイートだったので、メモとしてまとめました。

つまりは「自分を大事にしていない雑さ」が根本的な原因で、
そのことに気づけたのは、大きな一歩だったと思っています。
[PR]



# by serenade1977 | 2014-07-22 16:10 | その他

【tweetまとめ】NHKバレエの饗宴レポート/2013年3月16日@NHKホール

昨夜は「バレエの饗宴」に行ってきました☆

国内の3つのバレエ団と、海外で活躍するダンサーが
一堂に会したガラ公演…ということで、
各バレエ団、各ダンサーの個性を横並びで鑑賞できて、興味深い公演でした。

感想をまとめてツイートしましたので、
以下、私がつぶやいた内容のまとめを載せておきます!
最後に書きましたが、今回は「アピール力」を実感した舞台でした(´∀`*)

===============

小林紀子バレエシアターは、アンサンブルにバラつきがあって少し残念。でも島添亮子さんは圧巻の美しさ。あの体のライン! 優美~❤ まさに円熟期で、島添さんはもっと観たい。たおやかなパの数々と、難易度高いリフトが見事でした。三部の高橋怜子さんもメリハリの効いた清々しい踊り!


橋本清香さんと木本全優くんのPDD。実は今回いちばん楽しみだったのは、この2人。ルグリガラで観た、木本くんの美しいつま先に惚れてしまい…今回もやっぱり素敵でした。最近、熊川さんがあちこちで言ってる「アピール力」について、観ながら考えた。2人とも手足長い大柄なダンサー、ってことも
あるけれど、とにかくアピール力が半端じゃない。なんというか…額縁からはみ出してくる絵みたいな、圧倒的な押し出しがある。華やかで目立つ。かといって、嫌味ではなくて、自然で爽やかなのが不思議。あれこそダンサーの個性なのかな。なんてことを考えるほど素敵な橋本さんと木本くんペアでした。


東京バレエ団は、女性ダンサーの体の美しさが際立ってる。細く長く、柔らかい。春の祭典で、生贄以上にリーダー役の柄本弾くんが目を惹く。若々しい情熱とリーダーシップは、彼の華やかな個性にピッタリ。さっきのアピール力が、柄本さんからは感じられる。ベジャール踊るのにいい個性。


吉田都さんとロバート・テューズリーのラプソディPDDは、余計なことは何にも考えずに観た…というか、圧倒的な美しさで余計なこと考えてる余地がなかったw 音に寄り添い、静かで端整な踊り…音楽を損なわない上品さ。ふと人生の一番美しかった思い出と、その儚さを思って胸が苦しくなった。


東京シティ・バレエは、実は志賀育恵さんを観るのが初めて。愛らしくて素敵…そして、実にさりげないテクニシャン! フォロワーさんも言っていらしたけど、振りをわざわざ難易度高くしたコッペリア3幕のバリエーションを、なんてことないように自然にこなしていて、プロフェッショナル!

しかも、会場で会ったフォロワーさんとも意見が合ったのだけど、シティは「仕事の踊り」アンサンブルが素晴らしかった! 歯切れのよい曲に合わせ、快活な振りもいいし、ダンサーの踊りもメリハリ効いてて見事。楽しそうな様子が伝わってきて、仕事の踊りにこんな注目したことないくらい印象的だった。


最後は中村祥子さんとヴィスラウ・デュデックによる黒鳥PDD…なんですが、ヴィスラウは体調不良ですか?というくらい絶不調。立ち居振る舞いは見事な王子なのに…踊り出すとあれ?ってw 仰天した。祥子さんには賛否両論あると思う。コントロール力は見事で、切れ味抜群の黒鳥ではあった。

私はベルリン国立のダンサーが、年々上半身がムキムキになるのが嫌で、祥子さんを見てると「白鳥は想像できないなぁ」と思えてしまう。黒鳥だから強いのはカッコいいし、部分的に抜き出したガラだから、ああいう踊り方なのかもしれない。うーん。王子を食い殺すほどの高笑いぶりは爽快だったけどねw


国内外で活躍しているダンサーを横並びで観るのは面白かった。昨年は国内バレエ団メインだったけど、今回は海外経験が長いダンサーが多かったから、熊川さんが言う「アピール力」をつくづく実感。押し出すだけではない、個性の取り出し方というか…とくにウィーン国立の2人が心に残る公演でした。

===============

なお、2013年5月19日(日)21時~23時30分、
Eテレ「クラシック音楽館」で今回の「バレエの饗宴」を放送予定だそうです。
あらためて映像を通して見直してみたいなと思います(´∀`*)

◆NHK バレエの饗宴2013

【第1部】
小林紀子バレエシアター「コンチェルト」(マクミラン)
1st Movement:真野琴絵、上月佑真 ほか
2nd Movement:島添亮子、ジェームス・ストリーター ほか
3rd Movement:高橋怜子 ほか
※上記はプリンシパルのみ記載

橋本清香&木本全優(ウィーン国立バレエ団)
「ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ」(ルグリ)

【第2部】
東京バレエ団「春の祭典」(ベジャール)
生贄:吉岡美佳、宮本祐宜
2人のリーダー:柄本弾、森川茉央
2人の若い男:氷室友、小笠原亮
4人の若い娘:西村真由美、乾友子、高木綾、吉川留衣
ほか

吉田都&ロバート・テューズリー(元英国ロイヤル・バレエ団)
「ラプソディ」からパ・ド・ドゥ(アシュトン)

【第3部】
東京シティ・バレエ団「コッペリア」(石井清子)
平和の踊り:志賀育恵、キム・セジョン
曙:斉藤佳奈子
祈り:土肥靖子、友利知可子、清水愛恵
ほか

中村祥子&ヴィスラウ・デュデック(ベルリン国立バレエ団)
「白鳥の湖」から黒鳥のパ・ド・ドゥ

@2013年3月16日 NHKホール


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2013-03-17 07:54 | バレエ鑑賞

【tweetまとめ】背中をやわらかくするためのエクササイズ

ブログ更新は久しぶりです(´д`ι)

今日はtwitterで「背中をやわらかくするエクササイズ・ストレッチ」について
つぶやいたら、フォロワーさんとのやり取り含めて、すごく有意義なひと時でした。

「まとめたものがほしい」というリクエストいただいたので、
いろいろまとめサイト見たんですが、どうも理想的な形のものがなく・・・

以下に自分でまとめたものを作りましたので、よろしければご覧ください。

ツイートしたエクササイズ方法のほかに、
おもに「肩甲骨を鍛えること」と「後ろへのカンブレの方法」のふたつについて
おふたりのフォロワーさんとのやり取りが頻繁にありましたので、
それは抜き出して並べています(´∀`*)


◆ツイート内容
(背中をやらわかくするためのエクササイズ・ストレッチについて)

バレエ友達から「背中を柔らかくするためのストレッチはないかな」と質問を受けて、パッとそのとき思いつかなかったけど、いくつか思い出した。まずやっぱり、肩甲骨周辺をほぐすのには「白鳥の羽ばたき」が一番。オデットでもオディールでもいいけど、好きな曲にあわせて小さく、時に大きく羽ばたく。

小さな羽ばたき(両腕はスゴンドの状態)のときは肩甲骨が回ることを意識。このとき、腹筋と背筋で上半身を崩さずにきっちり立てておく。ひじを回しながら、腕全体を内側外側へ自在に旋回させ、二の腕の下あたりもよく使うと、腕もキレイになる。

大きな羽ばたき(アン・オーの高さまで羽ばたく)のときは、肩甲骨を使うのはもちろんだけれど、もう少し下…腰のあたりから羽が始まってる感覚で大きめにバサバサと。さきほどより上体をしなやかに使い、手が上にいったら顔を上げ、胸から上の部分を少し反らせる。手が下のときは、肩甲骨をつける感じ

で、両腕を背中側で寄せ合う。顔を下げ、首のつけ根(後ろ側)を伸ばす感じで。いずれも腹筋でお腹はキープし、腕の上げ下げで肩甲骨まわりをほぐすとともに、胸から上の上体をしなやかに使う…結果的に背中がほぐれて、柔らかくなる。毎日やると、背筋のトレーニングになるし、肩凝り予防にも♪

白鳥の羽ばたきエクササイズは好きで、素敵なダンサーの映像観ながら、その人の羽ばたきに合わせてバサバサやると、すごく楽しい。それに、お手本があると正しい体の使い方を意識しながらトレーニングできるから効果的。肩凝りがヒドくなりそうなときは、よく家でバサバサやります(´∀`*)/~

そう考えると、もし「白鳥の羽ばたきはキツすぎる」「白鳥自体あんま好きじゃない」という場合は、別に白鳥じゃなくてもいい気がしてきた。好きなダンサーがバリエーション踊ってるとき、それ観ながらポール・ド・ブラだけ真似してみる。それだけでも、背中はすごくほぐれるし、楽しいですよねー♪

さきほどの白鳥羽ばたきエクササイズですが、羽ばたくときは最初はできるだけゆっくり小さく、大きく羽ばたくときも雑にならないように♪ アダージョで何か曲かけたほうがベストだと思います。背中から腕にかけ、細かな筋肉や筋を一つずつ、すべて使って曲げ伸ばしする感覚て丁寧におこなうと効果的。

あとは、正座のまま上半身をうつぶせに(両手はまっすぐ前に伸ばして床につける)。腹筋から背中を押し上げて、まーるい背中になり、肩甲骨のまわりをよーく伸ばすエクササイズ。こっちは超手軽。仕事しながら頻繁にやってるやつです。気持ちいーい♡

あとは、これけっこう背筋がないと危ないんだけど…うつ伏せから上半身を起こしまして(L字形)片手は床につけて支え、もう片手をアン・オーにし、首を左右に回します。これを片手ずつ交互に行うと、肩甲骨まわりをすっごい使う。あと首~肩もほぐれやすい。ただ、めっちゃ反るので無理のない範囲で。

今日バレエのこと、いっぱいつぶやけた。エクササイズのこと書くのは、久しぶり。体の使い方について書くときは、何度も動き直して分析するから、本当にタメになる(*´▽`)* ついでに今日は背中がめっちゃほぐれたw 質問いただいて答えることって、同時に大いに学びにつながる。ありがたい…♡



【フォロワーさんとのやり取りまとめ】
※フォロワーさんのアカウント名は伏せています
※読みやすいように、私からのリプライ中心でまとめました


◆質問①「肩甲骨について」

<フォロワーさんからの質問>
きいきいたんに質問! 私は肩甲骨が変についとるとです。斜めに…。バレエするまで意識してなかったけど、肩甲骨まわりを鍛えると肩甲骨も変わってきますかな??


<お返事まとめ>

へいっ!なんでも相談室ですっwww 私は「肩甲骨まわりを鍛える」っていうのはやってないのよん。どっちかというと、背中から余計な力を抜く(そうすると腹筋が正しく使える)ためにほぐすほうがメイン。同じようであって同じじゃない気がするよー(続く)

肩甲骨が斜めなのは生まれつきの骨格かもしれないけれど、ほぼ「普段の生活習慣(体の使い方の癖)で曲がってる」気がする。てことはその癖を見極めるのが先決。左右の肩甲骨周辺、どっちのほうが硬いかでわかることもあるよん。そのうえで(続き)

肩甲骨のまわりをまずはほぐす。ほぐさないと意識がしにくいから。でもって、そのあとは肩甲骨だけで背中を支えるのではなくて、そこを通過して背中と腕をつなげる感覚で踊るようにする…って超感覚的でごめん! ほぐす→意識できる→使えるようになる、の順番なのです。

いいのよー。「肩甲骨まわりだけを鍛える」ことは基本的にできないと思う。どっちかというと、腹筋背筋でお腹のスクエアを保った状態で、二の腕の下側を使って踊ると、結果的にそれをつないでいる肩甲骨まわりが鍛えられるというかねー。肩甲骨を立てて使えるようになる。

ああ、よかった。どうしても感覚的な話なのと、部分的に鍛えればいいわけじゃないもんだから、言葉が多くなってしまって(´д`ι) 基本的に私は「筋肉で踊る!」みたいなムキムキの体(とくに背中)があまり好きじゃなくて。ほぐして伸ばすことを大事にしてるのよー。

筋肉ももちろん超大事なんだけど、必要な筋肉がある程度ついたら、鍛えつつも同時に伸ばしてほぐすことを重視しないと、やっぱ固まっちゃうよね。細く長く上へ引きあがる軸がないと、大きくは踊りにくいと思うから♡ 逆に心意気新たに再スタートするときのほうが、これまで培ったものを使いつつ、体の使い方を見直しやすくていいんじゃないかと思うにょー゚+.(ノ。’▽’)ノ*


◆質問②「後ろカンブレ(後方へ反ること)について」

<フォロワーさんからの質問>
そう言えば背筋やる時に柔らかさでくにゃっと曲げないで 、って言われました…けど、よく意味が分からない(T_T)


<お返事まとめ>

私も背中やわらかいほうなんですが、先生に注意されて学んだのは、背中反るとき背骨曲げるんじゃなくて、腹筋でお腹まわりは締めたまま(スクエアは保ったまま)、胸から上だけを使って反らすんだなーと思いました。結果的にはL字なんですけど、支えの中心がお腹なんですよね。

そうなのよー。背中反った途端にお腹がつぶれる(腹筋がゆるむ)のではなくて、お腹はかっちり守ったまま背筋で反っていく…っていう順番。こうすると、背中に余計な負荷がかからないから、痛めにくいみたい(´∀`*)

そうなの(笑)わかるわかる。反ると気持ちいいよね。私もやりがち(そしてダメって言われるw)。なんだけど、お腹スクエアキープのまま反らせると、超キツイ(反りにくい)分、腹筋のトレーニングになるし、肩甲骨まわりが効果的に伸びる気がするにょん(*´▽`)*

支えとなる脚があり、その上に腰がのってるけど、後ろにカンブレしたときに脚が曲がったり、腰が前に押されたり、お腹が出たりしたらNG。てことは、腹筋はしっかり使うことと、内もも張って脚支えることは大事だにゃー(ノД`。) 自分で鏡も見えにくいしね…お互い頑張ろうね!



ツイートでも書きましたが、お互いに質問しあうことで
あらためて自分の体の使い方のよいところ・いまいちなところが
クッキリと見えてきて、本当に勉強になりました!


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



# by serenade1977 | 2013-02-17 20:46 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧