新・きいのバレエとゴハン帳

【tweetまとめ】NHKバレエの饗宴レポート/2013年3月16日@NHKホール

昨夜は「バレエの饗宴」に行ってきました☆

国内の3つのバレエ団と、海外で活躍するダンサーが
一堂に会したガラ公演…ということで、
各バレエ団、各ダンサーの個性を横並びで鑑賞できて、興味深い公演でした。

感想をまとめてツイートしましたので、
以下、私がつぶやいた内容のまとめを載せておきます!
最後に書きましたが、今回は「アピール力」を実感した舞台でした(´∀`*)

===============

小林紀子バレエシアターは、アンサンブルにバラつきがあって少し残念。でも島添亮子さんは圧巻の美しさ。あの体のライン! 優美~❤ まさに円熟期で、島添さんはもっと観たい。たおやかなパの数々と、難易度高いリフトが見事でした。三部の高橋怜子さんもメリハリの効いた清々しい踊り!


橋本清香さんと木本全優くんのPDD。実は今回いちばん楽しみだったのは、この2人。ルグリガラで観た、木本くんの美しいつま先に惚れてしまい…今回もやっぱり素敵でした。最近、熊川さんがあちこちで言ってる「アピール力」について、観ながら考えた。2人とも手足長い大柄なダンサー、ってことも
あるけれど、とにかくアピール力が半端じゃない。なんというか…額縁からはみ出してくる絵みたいな、圧倒的な押し出しがある。華やかで目立つ。かといって、嫌味ではなくて、自然で爽やかなのが不思議。あれこそダンサーの個性なのかな。なんてことを考えるほど素敵な橋本さんと木本くんペアでした。


東京バレエ団は、女性ダンサーの体の美しさが際立ってる。細く長く、柔らかい。春の祭典で、生贄以上にリーダー役の柄本弾くんが目を惹く。若々しい情熱とリーダーシップは、彼の華やかな個性にピッタリ。さっきのアピール力が、柄本さんからは感じられる。ベジャール踊るのにいい個性。


吉田都さんとロバート・テューズリーのラプソディPDDは、余計なことは何にも考えずに観た…というか、圧倒的な美しさで余計なこと考えてる余地がなかったw 音に寄り添い、静かで端整な踊り…音楽を損なわない上品さ。ふと人生の一番美しかった思い出と、その儚さを思って胸が苦しくなった。


東京シティ・バレエは、実は志賀育恵さんを観るのが初めて。愛らしくて素敵…そして、実にさりげないテクニシャン! フォロワーさんも言っていらしたけど、振りをわざわざ難易度高くしたコッペリア3幕のバリエーションを、なんてことないように自然にこなしていて、プロフェッショナル!

しかも、会場で会ったフォロワーさんとも意見が合ったのだけど、シティは「仕事の踊り」アンサンブルが素晴らしかった! 歯切れのよい曲に合わせ、快活な振りもいいし、ダンサーの踊りもメリハリ効いてて見事。楽しそうな様子が伝わってきて、仕事の踊りにこんな注目したことないくらい印象的だった。


最後は中村祥子さんとヴィスラウ・デュデックによる黒鳥PDD…なんですが、ヴィスラウは体調不良ですか?というくらい絶不調。立ち居振る舞いは見事な王子なのに…踊り出すとあれ?ってw 仰天した。祥子さんには賛否両論あると思う。コントロール力は見事で、切れ味抜群の黒鳥ではあった。

私はベルリン国立のダンサーが、年々上半身がムキムキになるのが嫌で、祥子さんを見てると「白鳥は想像できないなぁ」と思えてしまう。黒鳥だから強いのはカッコいいし、部分的に抜き出したガラだから、ああいう踊り方なのかもしれない。うーん。王子を食い殺すほどの高笑いぶりは爽快だったけどねw


国内外で活躍しているダンサーを横並びで観るのは面白かった。昨年は国内バレエ団メインだったけど、今回は海外経験が長いダンサーが多かったから、熊川さんが言う「アピール力」をつくづく実感。押し出すだけではない、個性の取り出し方というか…とくにウィーン国立の2人が心に残る公演でした。

===============

なお、2013年5月19日(日)21時~23時30分、
Eテレ「クラシック音楽館」で今回の「バレエの饗宴」を放送予定だそうです。
あらためて映像を通して見直してみたいなと思います(´∀`*)

◆NHK バレエの饗宴2013

【第1部】
小林紀子バレエシアター「コンチェルト」(マクミラン)
1st Movement:真野琴絵、上月佑真 ほか
2nd Movement:島添亮子、ジェームス・ストリーター ほか
3rd Movement:高橋怜子 ほか
※上記はプリンシパルのみ記載

橋本清香&木本全優(ウィーン国立バレエ団)
「ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ」(ルグリ)

【第2部】
東京バレエ団「春の祭典」(ベジャール)
生贄:吉岡美佳、宮本祐宜
2人のリーダー:柄本弾、森川茉央
2人の若い男:氷室友、小笠原亮
4人の若い娘:西村真由美、乾友子、高木綾、吉川留衣
ほか

吉田都&ロバート・テューズリー(元英国ロイヤル・バレエ団)
「ラプソディ」からパ・ド・ドゥ(アシュトン)

【第3部】
東京シティ・バレエ団「コッペリア」(石井清子)
平和の踊り:志賀育恵、キム・セジョン
曙:斉藤佳奈子
祈り:土肥靖子、友利知可子、清水愛恵
ほか

中村祥子&ヴィスラウ・デュデック(ベルリン国立バレエ団)
「白鳥の湖」から黒鳥のパ・ド・ドゥ

@2013年3月16日 NHKホール


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2013-03-17 07:54 | バレエ鑑賞

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧