新・きいのバレエとゴハン帳

ポワントを縫うときの「糸」にこだわると…

今日は(めずらしく)サクッと更新します。


私はポワントのリボン・ゴムづけが本当に面倒で(笑)
いつも先延ばしにしてしまうのですが、
糸だけは、妙にこだわりがあります。

ただでさえ面倒なのに、弱い糸を使ってあとから縫い直したり、
糸のすべりがよくないせいで何度もからまって時間がかかったりするのは
どうしても勘弁!と思っています(;゚ー゚)

それなので、糸はいろいろ試しまくってきたのですが
このたび、これぞ!という糸に出会いました。


バンヘッド ステッチキット
※クリックするとシルビアのオンラインSHOPに飛びます

d0192952_2504919.jpg



新宿のシルビアで偶然見つけて購入しました。

よくポワントは「デンタルフロスで縫う」という方がいらっしゃるようですが、
手触りや滑りは似ているかもしれません。

あまり太くはありませんが、硬めですべりがとてもよく、
私はかなーーーーり、縫いやすかったです☆


このおかげで縫いものの時間がぐんと短縮されました。


ただ、私はよくポワントの先もかがるのですが、そのときは
もうすこし太い糸のほうが好みです。

かなり縫いにくいので、細い糸だと時間がかかってしょうがない、
というのが最大の理由なのですが(^▽^;)
あとは、太い糸で縫ったほうが立ったときに安定感があるような気がします。

そのときは、こちらの糸を使っています。


Chacott シューズソーイングセット
※クリックするとチャコットのオンラインSHOPに飛びます


このセットに入っている糸が、太くてすごく使いやすい!
色も淡いピンクで、トウの部分に塗っても目立ちにくいです。

ただ難点は、この糸だけ単品で売っていないこと(・_・、)
いちいちセットを買わないといけないのは残念なのですが…。


面倒くさがりの性格のおかげ(?)で
いろいろ糸を試しまくってきたのですが
今のところ、この糸たちにたどり着きました。

糸ひとつで時間も手間もかなり変わるものだなーと思います。


ちょっとした「気づき」でしたが、お知らせでした☆


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2012-02-05 03:05 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧