新・きいのバレエとゴハン帳

アニメーション×コンテンポラリーダンス×ポップスの美しい融合

今日はさらっと更新しますー。

twitterやFacebookでも広めまくっているのですが、
心にじーんと染み入る映像をご紹介します☆

◆Thought of You
  by Ryan Woodward



さまざまな賞を受賞している作品なので
ご存じの方も多いかもしれませんが、
ライアン・ウッドワード氏によるアニメーション作品です。

原曲はThe Weepies の「World Spins Madly On」で
大切な人を失ったあとの果てしない喪失感を歌にした
美しい一曲です。
もともとこの曲自体かなり好きで、すてきな歌詞です。

この曲の歌詞にそって、恋人を失った男性の想いや
そこに交錯する女性の気持ちを描いた、
秀逸なアニメーション作品です。

ウッドワード氏のHPにはメイキングオフ映像もあります。
ひとつめの映像では、5分を過ぎたあたりから、振付中の映像に入ります。
⇒ http://conteanimated.com/the-animation/the-documentary/


このダンスは、コンテンポラリーダンスの振付家
Kori Wakamatsuによるもの。
すこし調べてみたのですが、彼女は振付家であり
大学の助教授として教鞭も取っている方のようです。
詳しい経歴まで辿れなかったのですが、
お名前から思うに、日本にルーツのある方なのではないかと。

コンテンポラリーダンスの幅はかなり広く、
もっとジャズやヒップホップの要素を取り入れる場合もありますが、
リフトやターンの振りから見ると
彼女の振付はかなりバレエの要素が強いと思います。

その振付をダンサーが踊り、その動きをトレースし、
歌詞の世界観をより具体的に表現するための絵を付け加え、
まとめあげたアニメーション作品です。


この映像は何度観ても胸が苦しくなります。

彼女に別れを告げられ、それが急なことで何が何だかわからず、
とりあえず忘れてしまおうとするものの、
何をしていても、彼女の思い出がつきまとってしまう。

しまいには、その思い出に押しつぶされそうになり、
追いやろうとしても、どこまでも影が追ってくる。

でも、そうして逡巡するうちに、いつしか思い出は遠くなり、
次の道に向けて歩み始める。

そして、彼は自分だけ苦しいと思っているけれど、
ほんとうは彼女もまた、遠くで同じくらいの寂しさを抱えていた。


彼が歩き始めようとしても、足も手も重く感じて立ち上がれなくなったり、
彼がひとつの想い出として忘れようとしても、思い出があふれてきたり、
彼女に気づかないふりをしたくても、見た瞬間に愛しく感じてしまったり……

この感覚、大切な人を失ったことのある人なら
そのときの寂しさや、そこから立ち上がる瞬間を思い出して
胸が痛くなるのではないかと思います。

そしてクリエイトした方々はみな、
この傷みを共通で理解している人のように思えます。


ちょっと余談になりますが、
私はもともと「演劇」の道を歩んでいました。
でも、自分が踊るせいもありますが、
途中から鑑賞するのはダンスばかりになりました。

以前、教えていただいていた教授から
「なんでそんなダンスばっかり観るようになったの?」
「なんで芝居から離れちゃったの?」と聞かれたのですが
その答えがこのアニメーションにあるような気がしています。

とくに日本語では「くるしい」「さみしい」「かなしい」「せつない」
という負の感情や
「あいしている」「いとしい」「こいしい」「だきしめたい」
という愛の表現を
口で発する言葉にすることが、どんどん難しくなっています。

たいていの重要な言葉が「重い」と片づけられて、
それを口にするには、かなり覚悟がいりますよね。

言葉で感情を表現する演劇の世界では
それが生の舞台であるほど、それらの言葉が宙に浮いて
すごく違和感を感じることがあるのです。

でもダンスでは、そういう根っこの感情を体にのせて
思いっきり伝えることができるし、観る人もそれをダイレクトに感じられる。

だから、私はダンスばかり観るようになったのだと思います。


この映像が好きになったところは
振付も、ダンスだけでも十分に通じるものですが
そこにアニメーションでの加工を付け加えています。
これは別に「ダンスだけじゃわかりにくい」からではなくて、
より大きな感情的インパクトを視聴者に伝えるため。

要するに、たくさんの人に
「喪失感と、そこから立ち上がる勇気」を
ダイレクトに感じてもらうための加工だと思います。

ダンスだけじゃなく、アニメだけじゃなく、歌だけじゃなく、
それらを美しい形で融合させ、感情的な効果を生み出した
最高の作品ではないでしょうか。


……結局長くなりましたが(笑)
ブログにも残しておきたかったので書きました。
この映像に出会えた私は幸せです。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-09-10 01:05 | バレエ鑑賞

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧