新・きいのバレエとゴハン帳

【ポワント徹底比較】ブロック「シュープリマ」vsカペジオ「パブロワ」

ポワントは最近、すっかりブロック「シュープリマ」で落ち着き、
右足はC幅、左足はB幅というので安定した日々を送っていました。

ある日……待ち合わせまで時間があったので、
とあるバレエショップに立ち寄ってぼーっと店内を見ていたら
ふと目に飛び込んできたポワントがありました。

それは、カペジオの「パブロワ」です。

私の足はひとさし指が長いギリシャ型。
プラットフォームが広いものだと、指がシューズ内で遊んでしまい、
ひとさし指に非常に負荷がかかり、不安定になる足です。

シュープリマは先が細いタイプですが、
このとき目にしたパブロワは、さらに先が細く、
しかもプラットフォームが円に近いほど丸く小さくて
「これは足に合うのでは」とピンときました。

そこでお店でタイツをお借りして、1時間ほど延々とフィッティング開始☆

通常24cmの足で
・4.0 C幅(細幅)/D幅(標準)
・4.5 C幅(細幅)/D幅(標準)
・5.0 C幅(細幅)/D幅(標準)
の計6足を履きまくりました。

足を入れてみると、案の定、どこにも当たらないし、
足裏に吸い付くようなソールのフィット感が心地いい!
Vカットになっているので、甲の出方もキレイだし(出過ぎることはない)
あとはお店で試せないドゥミの通り具合だけが心配でしたが、
ほかは問題ない様子。

最後まで迷ったのは、「4.5のD幅」と「5.0のC幅」でしたが
「5.0のC幅」だと、かかとの余りが大きくて見栄えがキレイじゃないので、
今回は「4.5のD幅」を、完全なる衝動買いで購入(^-^;)

===

というわけで、さっそく1時間半ずっとポワントというクラスで
パブロワとシュープリマを両方持ち込み、試し履きしてみました。

最初のバーはパブロワ。

円形のプラットフォームに慣れず、最初はなかなか安定しません。
でも(感覚的ですが)軸が足の中央を通りながら、まっすぐにすとんと
ひとさし指に落ちていく感覚は、なかなかいい感じ。

硬めのソールなのですが、足裏を押し上げる感覚があり、
ポワントで立つときに、調子よくサポートしてくれました。

バーが終わるころには、この新しいポワントとも
すこしずつ仲良くなってきて、調子いいんじゃない?と満足☆

そして、バーが終わってセンターに移るときに
いつものブロック「シュープリマ」に履き替えました。
どちらが踊りやすいのかを見たいので、両方履こうと思ったのですが…

「足と一体っていうより、私、シューズ履かないで床に立ってないか?」
というくらい(笑) 床に直に立ってるような状態に……つまり
残念なことに、シュープリマはすっかりつぶれてしまっていたのでした。

===

こうなったらもう、両方ともほぼ新品状態で履き比べるしか方法はありません。

お家にあったシュープリマに早速リボンをつけていたのですが、
ふと、真夜中のテンションにより(-_-;)
「そうだ! なにがどう違うのかを写真に撮りまくってみよう」
と思い立ち……以下がその成果です。

【同じアングルで撮ってみた】

◆ブロック「シュープリマ」

d0192952_244524.jpg


今回あらためて気づいたのですが、
私はシュープリマの「顔」がとても好きなんですw

プラットフォームに向けて、ゆるくしなやかに絞り込まれる
ほっそりとしたフォルムが本当に美しい。
色合いも淡いサーモンピンクで、とても上品だし、
踊ってるときに、サテンがきらっと輝くともううっとりです
(自分の踊りはさておいて)。

これは新品なので、もうほんっと美人さん。

◆カペジオ「パブロワ」

d0192952_2491077.jpg


レッスンで履く前に撮ればよかったーー(涙)
薄汚れてしまったのがとても残念ですが、
とても鮮やかなピンク色が特徴的です。

シュープリマよりも、もっと鋭角に
プラットフォームに向けて絞り込まれています。
ちょっと「ぽってり」という印象を受けますが、
履いてみると、この「ぽってり」感のおかげで、甲高に見えやすく、
ポワントで立ったときの美しさは格別です。

【履いて横から撮ってみた】

◆ブロック「シュープリマ」

d0192952_2523853.jpg


◆カペジオ「パブロワ」

d0192952_2531761.jpg


微妙にアングルがズレているので、わかりにくいかもしれませんが…。

一概にはいえませんが、
シュープリマのほうが、慣れているだけあって、
ポワントで立ったとき、安定して見えますし、
私の足になじんでいるなぁという気がいたします。
まだ新品なのでソールの吸い付きが甘いのですが、
まっすぐに軸が通っていて、安定感がある外見です。

いっぽう、パブロワはさきほども書いたとおり、
立ち方はまったく変えていません(甲を押し出したりしてない)が、
見たとおり、すごく甲高の足に見えます。
シャンクもいじっていないのですが、足裏の「しなり」がよく、
プラットフォームの狭さが気にならないくらい、私は立ちやすかったです。

ちなみに、サイドの深さ(横の高さ)は、
パブロワのほうが深く、シュープリマのほうが浅いです。
浅いほうが好きなので、パブロワはちょっと布が多いなぁという印象でした。

【履いて前から撮ってみた】

◆ブロック「シュープリマ」

d0192952_314975.jpg


◆カペジオ「パブロワ」

d0192952_323452.jpg


やっぱり微妙にアングルがズレてますが…(汗)

シュープリマは足の形に添って、まっすぐに立っているけれど、
パブロワは足裏にぴたっと添ってしなっているせいか、
ちょっと「くの字」に見えます。

アングルのせい&シュープリマは新品のせいかもしれませんが、
土踏まずの内側をサポートする力が、パブロワは強いのかも。
パブロワが強いというか……ヴァンプの長さとVカットの具合で
ちょうど足に添うのだと思います(だから甲も出やすい)。

それはいいこともでもありますが、うっかりすると
「甲がシューズに乗っかっちゃう」状態になりかねません。

次のレッスンでは、パブロワで立ったときに
自分の足がいつもより曲がった形になっていないか、
じっくり観察したいと思います。

【ふたつ並べて撮ってみた】

d0192952_355334.jpg


パブロワが汚くてしょんぼり。。。

気を取り直して。
こうして見ると、パブロワがいかに鋭角にプラットフォームに向けて
絞り込まれているかが、よくわかります。
シュープリマも、かなり細いタイプなのですが、
はるかに「絞り度合い」が弱く見えますね。

また、いずれも標準幅のものを並べていますが、
シュープリマはそもそもが、幅が狭いポワントだというのがわかります。

そして、ヴァンプの長さも異なります。
シュープリマに比べ、パブロワのほうがヴァンプは長め。
以前、グリシコを履いていたとき、ヴァンプが長すぎて降参したのですが、
私の指には、パブロワのヴァンプはちょうどよかったです。
ドゥミもちゃんと通れました。

【プラットフォームを並べて撮ってみた】

d0192952_373344.jpg


左がシュープリマ、右がパブロワですー。

こうして並べると一目瞭然!
シュープリマのプラットフォームは、かまぼこ型でスクエアに近い。
パブロワのプラットフォームは、横の楕円形で円に近い。

いずれもプラットフォームは小さめなのですが、
形にこれだけ差があるので、「絞り度合い」が大きく異なるわけです。

また、クラウンの高さもすこし違いがありました。
パブロワは少しつぶしてしまったので、写真ではわかりにくいのですが、
パブロワのほうが、クラウンは高めです。

====

総括してみます。

ワイズ⇒シュープリマのほうが細い(同幅比較)
クラウン⇒パブロワのほうが高い
ヴァンプ⇒パブロワのほうが長い
サイドの深さ⇒シュープリマのほうが浅い
プラットフォーム⇒シュープリマはかまぼこ型、パブロワは楕円形
ソール⇒パブロワのほうが(最初の段階では)硬め


私としては、シュープリマのほうが安定感があるけど、
ポワント時のパブロワの足裏サポート力と立ち姿の美しさは捨てがたい、
というところです。

まだ1回履いただけなので、履き心地について
確かな感想はいえないのですが、
安定感を考えると、やっぱり私はシュープリマなのかな
と思いつつあります。

ただ、パによって「こっちのほうが踊りやすい」など
変わることはあると思うので、
もうちょっと履き比べしながら、決めていきたいですー。


……こんなことを夜中にやっていたら、もう3時半なんですけど(=_=;)
次にポワントを履くのは木曜日なので、楽しみです。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-09-06 03:38 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧