新・きいのバレエとゴハン帳

ポワントでの美しいバーレッスン動画を発見

先日、発見してツイートしたところ
たくさんの方からも「ほんとにキレイねー」と
共感のお返事いただいた動画がこちらです↓

◆Zoia miller, Présentation des eleves de l'opéra, 1999 ( elle avait 10 ans)


完ぺきに引き上がっているので
まったく重さを感じさせない踊り。

そして、細く長く引き上がった中心には、
しっかりと「軸」が通っているのが見えます☆

なんとまあ、美しい!

ここまで引き上がり、ブレない軸があると、
どこにも体重を感じさせないから、なめらかな踊りに見えるものですね。
どんなパのときも、自分の意識ですべてをコントロールできる。
グラン・スゴンドに脚を上げるときだって、とても軽やか。

もちろん人間なので、ある程度の重さはあるものですが、
コアがしっかり鍛えられているのでしょうねー。

ポワントのとき、引きあげと軸がいかに大切か
踊りを通して実感した映像でした。

ちなみに、パリ・オペラ座バレエ学校の生徒だったZoia Millerさんは
当時まだ10歳だったようです(ほ、ほんとに??)。
17歳でモスクワ国際バレエコンクールで金賞を取ったようですが
その後の消息が、ネットからはまったく拾えませんでした。

もしもパリオペ所属だと、プルミエまでしかダンサーの名前が出ないので
もしかしたら、スジェ以下のところにいるのかしら。
今も踊っているといいなあ。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-07-03 04:55 | バレエ鑑賞

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧