新・きいのバレエとゴハン帳

バレエにとって正しい腹筋の筋トレ方法

前回の続きです。

私の悪いクセなのですが、
とくにストレッチや筋トレのときに
つい「前もも」に力が入ってしまいます。

ダメだダメだと思っていても、
まず最初に前ももに力が入ってしまい、
ぺちぺちと叩いてあげるとふっと力がゆるんで
ようやく、まともに鍛えたい部分(内ももや腹筋)が
目覚め始める…というスロースターターぶり。

これを先生にお伝えしたところ
「それじゃ、正しく鍛えられないですね」と言って
正しいやり方を教えていただきました。
これがあまりに素晴らしいので、こっそり伝授…w

<通常の腹筋トレーニング>
背中を下にして床に横になり、ヒザを直角に折り曲げます。
そのまま、背中を丸く曲げながら
頭からゆっくりと起き上がり、また下がります。



いわゆる普通の筋トレなのですが…
これを素直にやると、前ももがプルプルしませんか?
または、やったあとに、前ももが痛くなりませんか?

私はよくそうなっていました。
腹筋してるはずなのに、なんだか前ももが最初に
ピクッと目覚めてしまうような感覚。

それを先生にお伝えしたら
修正すべき箇所を教えていただきました。

◆筋トレであれ、バレエの「正しい姿勢」は守らなきゃいけない!

1番や5番で立ったとき、骨盤は傾けずに
自分にとっての「まっすぐ」の位置で立ちますよね。

お尻を突き出したり、逆にタックインしたりもしないで、
腹筋使って、まっすぐ上に引き上げ、
いわゆる恥骨の部分が下を向いている状態です。

腹筋の筋トレのときでも、この姿勢はキープすることが
すごく大事なのだと教わりました。

これまで、私は腹筋を鍛えるとき、
床につけた背中をまっすぐにしようと意識してしまい、
立っている状態よりも、骨盤が下に傾いていました。

このまま筋トレすると、前ももが最初に目覚めたり、
ついでに腰や背中部分が痛んだりして
「肝心の腹筋は鍛えられているのか?」と
ちょっと疑問だったのです。

でも、姿勢を正して、バレエのまっすぐの姿勢のまま
(腰の部分は自然とカーブし、骨盤は床に対して垂直)
腹筋をすると、前ももにはまったく力はかからないし、
おへそのあたりの腹筋だけを感じることができました!!

姿勢をちょっと正しただけで、
前ももへの負荷が激減(=_=;)

なお、正しい姿勢で腹筋を鍛えると
意外に頭~背中を持ち上げるのは大変です。

でも、おへそのあたりに腹筋があることを「感じ」、
そして少しでもそこが目覚め、鍛えられるように
微妙に頭を持ち上げるくらいでも、十分なように思います。

これをやって以来、自分のなかの腹筋の位置を
再確認でき、使う意識を前より保ちやすくなりました。

無理がないので、これなら続きやすいですー。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-04-13 11:35 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧