新・きいのバレエとゴハン帳

前ももに筋肉がつきやすい理由が判明

先日、長年教えていただいている先生に

「なんだか私、前ももに筋肉がつきがちで…。
脚を上げるときも最初に前ももに力が入って、
そのあとに内ももが目覚めるような感じなんですよね」

とお話しました。

そして、後日のレッスンにて。

バーでプリエ→グランプリエをしていた私のそばに
先生がすーーーっと寄ってきて、私の背中をたたき

「すっごい前のめりになってますよ!
これじゃスクワット状態で、前ももに力入るはずですよー」


と一言。

先生が後方に手を出してくださり
「この手を伝う感じで、プリエしてみて。
あ、でもお尻はタックインしないで骨盤まっすぐで!」
と言われ、その手を伝おうとしたのですが
あまりに前傾姿勢すぎて、ぜんぜん手まで背中が届かない!

プリエが深くなればなるほど、
胸から上の上半身が前のめりに倒れていたようで
言われてはじめて、気が付きました。

自己分析した結果(言い訳)を書いてみます…。
私の習っている先生はおふたりとも
「上半身のスクエア」に対して、とても敏感(そして厳しい)。

バレエというのは、
腹筋でお腹まわりをちゃんとスクエアにキープし、
そのうえで、胸から上の部分は自由に使って
表現をするのだと、何度も言われ、注意されてきました。

その結果…

お腹に力入れなきゃ(腹筋使わなきゃ)

でも、胸から上(肋骨)は力抜かないと!

と頑張っていたつもりだったのですが、
要は腹筋の筋力が不足しているのをカバーするために
胸から上を丸く前傾させていたにすぎない
のでした。

※胸から上を前傾させると
お腹まわりのスクエアが固定されるように感じるものです

そして、立派な前もも(大腿直筋)が
できあがってしまったのです。


やってみると分かるのですが、
胸から上を前傾したまま(猫背っぽい感じ)
プリエをすると、前ももにぐぐーっと力が入り、
スクワットのような感覚になります。
なぜなら、引き上げが全然できなくなるから。

これを、姿勢を前傾させず、プリエが深くなればなるほど
上へ上へと引き上げを意識し、
姿勢を正してプリエすれば
ちゃんと、内ももにスイッチが入ります。
というか、内ももを使わざるを得なくなります。

ちなみに、私は姿勢を正そうとするとタックインしがち
(骨盤が後方に向けて下がる)なので
骨盤はあくまでまっすぐのまま、プリエしていきます。


…ってもう、お恥ずかしいくらい初歩的な話なのですが
さきほど書いた自問自答を繰り返した結果
私としては「これでスクエア☆」と思っていたんですね。

たしかにスクエアはスクエアなのですが、
腹筋の弱さを、胸から上を猫背にすることで
フォローしてスクエアにしていたにすぎないことが
今回判明したのでした。

バレエって本当に奥深いですね…。


ちなみに、バーだけではなく、センターでも
プリエがあるたびにことごとく先生から
「あ、また前傾してる!」とのご指摘を受け、
いちいちプリエを見直していたのですが
そしたら、見事にレッスン後に前ももが楽~な状態に(- -;)

さらに、引き上げの意識も高まり、
高く跳べるわ、アレグロはやりやすいわで、
これまでの私はなんだったんだという気分です。

さらにさらに。
これをやると「背中を使う意識」が芽生えやすく、
ちゃんと背中を使って踊っているなという感覚が
かなり久しぶりに芽生えました。
ほんと、姿勢悪くなってたんだなーーー。

と同時に、自分の腹筋不足を反省しています。

さらに、同じ先生からは
「腹筋っていっても、ただ足曲げて
上体を起こすだけではダメですよ。
また前ももに筋肉ついちゃいますよー」
というご指摘をいただきました。

それについてはまた次回…。


☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-04-11 13:50 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧