新・きいのバレエとゴハン帳

クラスのレベルアップをしたら惨敗

いつもは初級、初中級あたりのクラスを
受講して、基礎的な部分を確認するために
時々、基礎クラスを受講しています。

ですが、先日勇気を出して
さらに上のレベルのクラスへ出かけてきました。
普段から習っている先生で、知っている方も参加しているので
「ちょっとチャレンジ☆」くらいのノリで。

……そして惨敗して帰ってきました……。

1日中、しょんぼりしていましたが、
いい発見もたくさんあったので、
振りかえるために書いてみようと思います。


<最大の反省点>
そもそもクラスレベルに追い付いていない

普段出ている「初中級」くらいのクラス内容より
実感値としては3倍くらいの難易度でした(-_-;)

バーのコンビネーションは複雑で、
アンシェヌマンも普段の倍くらいロング。
やったことのないパもばんばん出てくるし、
アダージョでも、パの組み合わせが複雑なので
かなり細かく動く必要がありました。

生ピアノが入っているので、
なるべく「音を感じて踊る」ことを
意識した組み合わせにしてくださっていましたが、
もう、ピアノの音を聞く余裕ゼロ。

そもそも、見たことはあっても
自分で踊ったことのないパが多かったり、
経験あっても久しぶりに踊るパが多かったりして、
振りを追うのであっぷあっぷに。

何度か頭が真っ白になって止まってしまって、余計にパニック。

結果、よーーーく理解したのは
「私の技術は、このクラスに追い付いていない」ということでした。

いくつか反省点を書き出して、
「ひとり反省会」スタートです(T_T)

=====

<ダメすぎたところ>

◆センターになった途端、
コンビネーションの複雑さにビックリして、
頭が真っ白になりました。
やったことにないパの続出で、
フロアで立ち止まってしまいました…。最悪。

◆そもそも、振りを覚えきらないことがあった。
振り移しの覚えの早さは自信あったのでショック。
あいまいなまま踊るので、音楽を聴く余裕もないし、
カウントも微妙になってしまって、
めためたな踊りでした。我ながらひどい…。

◆できないところがあったとき、
なんとなく苦笑して誤魔化してしまった。
笑ってごまかすなんて…先生に失礼なのに(涙)

あとから悔しくて悔しくてたまらず、
最後、先生と目があったとき「すみません…」と
ぺこりとしたら、にこっと笑って
「初回だもの、ぜんぜん大丈夫でしたよ。
すぐ慣れると思うから、また来てくださいね」
と言ってくださって…ありがたすぎて申し訳ない…。

=====

<できなかったパ>

ダメだったのはたくさんありますが
代表的なのは以下。

◆ランベルセ
これ、すごーーーく久しぶりにやりました。
前に習っていた先生はよくこれを組み込んでいたのですが、
最近、ランベルセが入ったアンシェヌマンをやってなくて
完ぺきにコツを忘れてました。
さらに、どっちに回るとき、どっちの手をつけるのかも
感覚で忘れてしまっていて、パニックに。
(ていうか逆回転したことも…ああ恥ずかしい…)

◆さまざまなピルエット
アン・ドゥオール、アン・ドゥダンがベースですが、
アラベスクからの回転や、アチチュードからの回転…
つまりプレパレーションなしでの回転が多く、
180度を回りきれないこともしばしば。
勢いがないと回れない、ということは、軸が弱いということ。
内ももの筋力&腹筋の弱さを思い知りました。

◆回りながらグラン・ジュテ
いちばん困ったのがこれでした。
とくにマネージュで踊ったわけじゃないんですが、
ジュテしたあと、半回転して正面に戻り、
またジュテ…と繰り返します。

ジュテの足を繰り出すタイミングが
どうしてもつかめず、途方に暮れました。
よく見るパだし、頭では分かるんですが
なぜか、動き出すと固まってしまう。
考えすぎなのかな…。

ちょうど、ワガノワ7年生の動画で
まさに同じものを見つけたので貼り付けてみます。
振りもちょっと似てるかも。

最初の組は、ジュテ小さめですが、
最後の組ではグラン・ジュテで跳んでますね。
まずは私も、大きく跳ばずに、
コンパクトなジュテから慣らしていこうかな。



=====

<よかったこと>

反省点が多くてションボリなんですが、
それでも、よかったことはたくさんありました。

◆改めて、自分の下手さを客観的に知れた(笑)
普段から鏡を見るたびに「うわーーー」と思ってはいますが、
ただ、慣れもあって、ある程度は動けてしまう。
だから、こうして「ヤバイ、全然動けない」となったとき、
動ける部分も含めて、ダメなところがハッキリ見えました。

◆細かくて早い動きが多いので、
自分の足りない部分が丸わかりになりました。
とくに上半身の弱さは課題です。
調子が出てくると、胃のあたりがパカッと開いてしまい、
姿勢が崩れてくるので、スクエアがキープできなくなる
という傾向が強いみたいです。
なんとかしなきゃ。

◆これまでやったことがないような、
新たに覚えたいパがいくつも見つかったこと。
バレエ再開したころ、よく
「昔はできていたのに今は動けない!」と
もどかしい思いを抱えて、そのたびに克服してきました。
だから今回だって、きっと、やってやれないことはないはず。
悔しさをバネにして乗り越えたいと思ってます。

=====

来週・再来週とそのクラスには参加できないので、
いろんなDVDを観ながらイメトレしておいて
また新たな気持ちで、そのクラスに挑もうと思います。

でも、もうダメダメだということは
十二分によく分かりましたので(=_=;)
あまり気負わず、緊張しすぎず、
先生のおっしゃることをちゃんと聞きながら、
丁寧に学んでいきたいです。

それにしても立ち直るまで時間かかったなー。

子どものころ、クラスの仲間が
受験や部活を理由にバレエを辞めていき、
残った子たちは私以外は
プロを視野に入れているような上手な子ばかりだと
ある日ハッと気付いたときのことを
つい思いだしました(笑)

冷静に「自分ってダメダメだなあ」と気付いて
そのときは「私にはもう無理」と辞めてしまったけど、
今度はあきらめずに、ゆっくり続けたいです☆

※いつも長文ですみません!

☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-03-11 01:22 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧