新・きいのバレエとゴハン帳

バレエのお稽古後の痛みを避けるために…湿布を貼る習慣

ずいぶん前のことですが、
足首が痛んで病院でレントゲンを撮ったとき、
先生が湿布を処方してくれました。

すでに、その湿布は使いきってしまいましたが、
そのとき、習慣的に湿布を使ったおかげで
「レッスン後にちょっとでも痛かったり、
使いすぎたと感じた部分には、湿布を貼る」

という癖がつきました。

いろいろ試してみましたが、
結局、病院で処方してもらった湿布に
貼ったあとの感覚が近いものを今は愛用しています。

ビーエスバンFRテープ
患部に効く フェルビナク35mg配合
(大石膏盛堂)
d0192952_2282761.jpg


貼った直後は若干ひんやりするのですが、
そのあとは、あまり冷感は強くありません。

レッスン後はだいたい、湯船に浸かって入浴し、
お風呂から出たあとにコレを痛む部分に貼ります。
足首まわり、ひざ裏、脚の付け根、肩甲骨周りに
貼ってることが多いです。

じわーーーっと癒えていく感じがして、
湿布を貼るのと貼らないのとでは、
翌日の痛みやコリが全然違います☆

前に右脚が痛いとき、右だけ貼って
左を貼らずに寝たのですが、
痛みどころか、むくみ度合いもかなり違ったので、
最近は偏らずに、両脚に貼るようにしました。

筋肉痛を防ぐのにも効果的だし、
連日レッスンに行くときは
体の伸びにも、かなり変化がある気がしてます。


ただ…ひとつだけ問題があって、
これを貼ると、気持ちよすぎて
大抵、お風呂上りにぐーぐー眠ってしまうのです(^-^;)

私はレッスン後に、仕事することも多いので
これがなんとも悩ましい……。

ただ、体が痛いままで仕事するのも辛いので、
こういう時は諦めて眠ってしまうに限るんですけどね。

この習慣、今後も定期的に続けていきたいと思います。

☆1クリックいただけたら嬉しいですー

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]



by serenade1977 | 2011-02-21 02:29 | バレエレッスン

趣味のクラシックバレエ、仕事(フリーライター)を通して、気付いたことを書いていきます。人生観や恋愛観、勉強中の英会話、おいしいもの、たまに欧州サッカーも。
by きい
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごあいさつ

はじめまして、きいです。

趣味は18年続けているクラシックバレエ(ブランクあり/今は大人バレエ)。

週3回程度のお稽古も、発表会で踊るのも、公演を観に行くのも、家で作品DVD観るのも、関連書籍を読むのも全部大好きです。

好きなダンサーは、ロパートキナ、A・デュポン、コジョカル、ブベニチェクふたりとも、マックレー。バリシニコフは別格です。

バレエの記事が中心ですが、仕事(フリーライター・編集者です)について、人生・恋愛観、英語勉強中についても多め。たまに欧州サッカーも!

☆twitterはほぼ毎日更新中ですo(´▽`*)
https://twitter.com/serenade_ballet

【twitterの過去ログはこちらから】
http://twilog.org/serenade_ballet

【旧・きいのバレエのゴハン帳はこちらから】
http://ameblo.jp/key0121/

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

※コメントは承認制のため、反映されるまでしばらくかかることがあります

Copyright © 新・きいのバレエとゴハン帳 All Rights Reserved.

ブログパーツ

最新の記事

検索

フォロー中のブログ

画像一覧